カテゴリー「<ルイ・ヴィトン>」の記事

2012年5月19日 (土)

【詳】:Louis Vuitton M61960 ポルト モネ・キュヴェット

→基本記事

Imgp6422l

この馬蹄形のコインケースは、世の中にはたくさんあるデザインだ。
コインケースとしては、オーソドックスな形でもある。

しかし”ヴィトンが作るとこうなる”と言えるほど出来がいい。

↓開くと内部は全て、型押しグレインレザー仕上げだ。
Imgp6425l

↓外周表面は馬蹄形を二つ合わせた形にカットされたモノグラムでできている。
Imgp6432l

↓このコインケースの使いやすさは、開いたときにコインが取り出しやすいことだ。
この写真上部にコインが入っていて、開くと下側のフタがお皿代わりになり、出てきたコインを受け止める。
お皿の上で、コインを選別することができるので、支払いのときにまごつくことがない。
Imgp6427l

↓小さなポケットまでついているので、コイン以外の切符や何かのトークンのようなものを別にしまえる。
Imgp6429l

↓コインの取り出し口は意外に狭い。
Imgp6431l

↓ケースの厚みもあまりないので、大量なコインは扱えない。
Imgp6443l

↓ケースを開くときは、このフラップを引っ張る。
Imgp6444l

実はこのコインケース、価格がかなり高めだ。
通常のコインケースの1.5倍から2倍はする。

以前ヴィトンの店員に理由を聞いてみた。
理由は、この形のコインケースは機械で縫うことができないため、一つ一つ手縫いをしているからということだった。

↓確かにこの狭い範囲を立体的に縫い上げるのは大変なことだ。
Imgp6445l

↓横から見ても複雑な仕上げが良く分かる。
Imgp6447l

Imgp6438l

コインケースのように、最も過酷な環境で使われるモノは傷みも早い。
中では汚れた硬いコインが暴れまわり、外は人間の手が乱暴に扱う。

しかし丹念に作られたモノは、長持ちするものだ。


このコインケースは、エルメスのル・ヴァンキャトルと交代で使っている。
休ませる前には、内外を全て綺麗に手入れしてからしまう。

もし糸が切れても、メンテナンスに出せば綺麗に縫い直してくれるだろう。

これも一生モノのコインケースだ。


kk-vuitton

2012年5月 5日 (土)

【詳】:Louis Vuitton R20975 アジェンダ ポッシュ

→基本記事

Imgp6236l

ダミエ・グラフィットのアジェンダ ポッシュは、洗練されたデザインで他の持ちモノとの相性がいい。
ゴールドでもシルバーでも、革でも金属でも、何にでも合う。

もちろん手帳としても機動性に優れ、使いやすさ抜群だ。


↓開くと左側は、カードなどを挿すポケットになっている。
Imgp6242l

↓私は手帳が膨らむのがいやなので、このポケットは使用していない。
Imgp6244l

↓濃色の内張りの革には、シルバーで刻印がされている。
Imgp6238l

↓このレフィルは古いのものだが、小口(こぐち)が金色に輝いている。
この金色の修飾、現在のレフィルには無くなってしまったのが残念。
Imgp6247l

↓長財布のように片手で容易に扱える大きさだ。
Imgp6252l

↓別売のレフィルは毎年発売される。
Imgp6254l

↓手帳カバーには、片側をはさみ込んで使う。
Imgp6258l

Imgp6260l

Imgp6263l

手帳というものは、持ち運びには邪魔なものだ。
放っておくとどんどん厚くて、重くなる。

その点、差し込み式レフィルは、最初から容量が決まっているので、毎日携帯する手帳には向いている。
本当にいつも携帯している手帳は、そんなに厚い必要はないものだ。

持ち歩く手帳が厚くなるのは、どこかに強迫観念があるからなのかもしれない。
いつか必要になったら直ぐに情報を取り出せるようにと、あらゆる情報を手帳に詰め込まなければ落ち着かなくなる。

しかし実際は、10年を振り返ってみても、分厚い手帳に書きとめた情報を、出先で緊急に必要とすることはほとんど無いものだ。

ならばスッキリと、スリムにと考えた結論が、この手帳だった。

Imgp6265l

その目論見は、見事当たり、今では欠かせない手帳となった。

情報とは流れていくものだ、一時的にストックするには、このスリムな手帳がうってつけだ。

ダミエ・グラフィットのクールさと、この手帳のクールな役割がピタリと一致した。

ビジネスにも、プライベートにも手放せない手帳だ。


kk-vuitton

2012年4月29日 (日)

【記】:ヴィトンのハードケース集合

Imgp1089l

今現在、私が保有しているヴィトンのハードケースを集めてみた。
全部で5つだ。

左:→M53012 プレジデント・クラソール President classeur
中上:→M21424 コトヴィル Cotteville 40
中中:→M21423 コトヴィル Cotteville 45
中下:→M21325 ビステン Bisten 65
右:→総ヌメ革アタッシュ

大きく分けると、真ん中のハードトランク3つと、両端のアタッシュケース2つだ。
とりあえず、この5つのハードケースがあれば、ビジネスからプライベートまでカバーできる。

ヴィトンのハードケースを使っていると、他の鞄類はどうしても頼りなく感じてしまう。
ヴィトンのハードは、それほど安心して使えるバッグだ。

真偽のほどは定かではないが、タイタニックが沈んだときも、ヴィトンのハードケースは浮いていて、それにつかまって助かった人がいるらしい。

まあ生死を共にするとまでは言わないが、頼れるバッグであることは間違いない。


今年、2012年4月は、タイタニックが沈んでちょうど100年だ。
タイタニックの沈没は、人間の奢りを象徴する事件であった。

決して沈まないと言われた豪華客船は海の藻屑と消えたが、ヴィトンのハードケースは浮いていた。
そして100年経ってもヴィトンというブランドも沈むことなく隆盛を極めている。
奢ることなく、創ったモノは世紀を越えて残り続ける。


現在ヴィトンのハードケースを愛用しているものとしては、100年前も同じバッグを使っていた人がいたというのはなんとも感慨深い。

ヴィトンのハードケースは、そんな持ち主たちの悲喜劇を数多くともにしてきたのだろう。


この5つのハードケースは、私の側にあって喜怒哀楽をともにしてきた。
あらためて、”これからもよろしく”と言いたい気持ちになった。


kk-vuitton

2012年4月25日 (水)

【詳】3:Louis Vuitton M21424 コトヴィル Cotteville 40 ハードトランク

→基本記事


Imgp4804l

このコトヴィル40は、機内持ち込みにも使ってきた。
旅先では、とにかくいつも側に置きたい鞄だ。


↓ヴィトンのトランクのコーナー金具は頑丈そのものだ。
プレジデントには、この金具が付いていない。
Imgp4791l


↓ヴィトンのハードケースの金具は美術品のように美しい。
Imgp4794l


↓たくさんの釘は、職人が一本一本手作業で打ちつけたものだ。
Imgp4798l


↓底の部分は、このトランクの特徴が良く出ている。
底にヒンジが無い。
モノグラムの外装に切れ目も無い。
ヒンジを壊したり、底をナイフで切ったりして、鍵を開けずに中身を取り出そうとする犯罪者がいる。
しかしこのトランクは、底を切っても開かないのだ。
Imgp4801l


↓実は底部分で、フタと本体を結び付けているのは、内部にあるこの金具だ。
だから、底の革だけをナイフで切っても、決してフタと本体を切り離すことはできない構造だ。
Imgp4789l

↓以前から不思議だと思っていた部分がある。
それは底の金具と金具の間に、一箇所だけヌメ革が見えているところだ。
Imgp4802l

しかし良く考えてみたら簡単なことだ。
この部分は、ヒンジの代わりに折れ曲がる構造なので、ロジン(lozine)と呼ばれる、
保護用の”硬い”縁取りがこの部分まできていると、折れ曲がらなくなってしまうためだ。

凄くよく考えられた構造だ。

Imgp4805l

もうすぐ5月連休だ。

またコトヴィルを持って短い旅にでかけよう。
3月、4月は、少し忙しすぎた。


kk-vuitton

2012年4月14日 (土)

【比】:モノグラムとモノグラムミニ

Imgp5930l

ヴィトンというブランドのモノグラム柄への執着は強い。

何十年経っても、柄の配置は0.1mmの狂いも無い。
色も全く同じだ。

裁断も厳密に行われ、LVマークは決して切断されない。


私も30年以上前のモノグラム製品を持っているが、新品の製品と比べても、どちらが新しいのか古いのか区別がつかない。

これは、製法や管理がしっかりしていることを物語っている。


こうしたモノグラムへの固執の一方で、ヴィトンは平気でモノグラムの上に柄や絵を描いた商品を発売している。
特に近年はこの傾向が顕著だ。

ブランドの顔とも言えるモノグラム柄を、あたかもキャンバスのように使っている。

老舗ブランドにも新しい風というのは必要なのだろう。


私が驚いたのは、むしろ小さな柄のモノグラムが発売されたときだ。

それでもモノグラムミニのシリーズは、コットン生地だし、それ以外はマルチカラーのミニだった。


↓このジュエリーケースは、通常のモノグラム色のまま柄が小さくなっている。
これは驚きだった。
Imgp5934l

縮小されたモノグラムは、ニセモノと間違われる危険性がある。
ブランドの存在さえも揺るがしかねない危なさを持っている。

↓こうして比較してみると、ミニはかなり縮小されている。
Imgp5928l

↓柄が小さくなっても、配置のこだわりは変わっていない。
シンメトリーに配されたモノグラムは、縮小しても美しい。
Imgp5936l

↓まるでミニチュア模型を見るようだ。
Imgp5942l


Imgp5948l


通常のモノグラム柄は、決して小さな柄ではない。
中世ヨーロッパで馬車に乗せて運ぶ大型トランクを彩った柄なので、それなりの大きさがある。

箱型の大型トランクが無くなった現代では、モノグラムは少し大きすぎるのかもしれない。

ミニ柄にすると小物にも良く似合う。
モノグラムを適用できる範囲が広がる。

しかし通常色のミニモノグラムは、その後ヴィトンの製品の中に登場していない。
はやり何かブランド上問題になったのかもしれない。

こうしたことを考えると、このジュエリーケースはとても貴重なモノになる。


私はこのミニモノグラムも悪くないと思う。
むしろ積極的に小物などに展開して欲しいものだ。


kk-vuitton

2012年4月 8日 (日)

【詳】:Louis Vuitton 型番不明 書類入れ タイガ エピセア

Imgp5966l

A4を収納できる書類入れは、ビジネスでは必須アイテムだ。

このタイガラインの書類入れは、モノグラムの書類入れと並んで、便利に使っている。


↓タイガラインの型押しレザーは、とても美しく、かつ凄く丈夫だ。
右下にお決まりのLVの型押しがある。
Imgp5967l

↓見開き左側は大小のポケット。
Imgp5963l

↓下部にはルイ・ヴィトンの金色の刻印がある。
小物にしては珍しくフランス製だ(小物はスペイン製が多い)。
Imgp5962l

↓右側は、レポート用紙を収納できるようになっている。
レポート用紙の台紙を差し込んで使う。
Imgp5965l

↓背面は特に何も無い。
Imgp5969l


ヴィトンの男性ラインであるタイガは、様々な色が展開されている。
すでに廃盤になった色も多い。
現在のタイガラインは渋めの色が多いようだ。

このグリーン系のエピセアも今となっては懐かしい色だ。
だが廃盤になっても色あせることの無い存在感を持っている。


ヴィトンのレザーは、エルメスのように柔らかくない。
しかし、ナメシや加工が素晴らしいことは使ってみればわかる。
耐久性に優れ、手入れをきちっとすれば、10年使っても角が擦れてくることすらほとんど無い。

しかし、レザーなのでモノグラムやダミエのような防水性は持っていない。
そのため、私は大きなバッグではタイガを選択してこなかった。

小物のいくつかで、タイガを使ってきたが、独特の高級感はエルメスともまた一味違う。


革製品は嘘をつけない。
顔に出自が正直に出てしまうものだ。

ヴィトンのタイガも、誰が見ても出自の良さがわかる。
一生付き合うに足るモノだ。


kk-vuitton

2012年3月31日 (土)

【詳】:Louis Vuitton N45255 ナヴィグリオ

Imgp5974l

ナヴィグリオは、小型でとても人気の高い斜めがけバッグだ。
男性でも女性でも使える。

なぜ人気があるのかは、造りを見てみるとわかる。

↓横から見ると、バッグ本体の上にフラップが被さっている。
Imgp5977l

↓ホックで2ヶ所留まっているフラップを開けると、バッグ本体はジッパーで開閉するという2重構造だ。
さらにこのフラップの付け根と本体との間にマチのあるポケットがある。
この外でもない、中でもない、中間の位置にあるポケットは、使い勝手がいい。
Imgp5978l

↓ジッパーを開けると、中は横幅は無いが、厚みがある空間で、物が沢山入る。
写真には写っていないが、内部にもポケットがある。
Imgp5981l

↓このフラップと中間ポケットを、こんな風に使うという話を聞いたことがある。
フラップをポケットの中に折り込んでしまうのだ。
バッグの雰囲気も変わるし、モノも取り出しやすくなる。
しかし雨でも降ってきたら、またフラップでフタをしてあげると、ジッパー部分から雨が浸み込むことを防げる。
なかなか面白い使い方だ。
Imgp5984l

↓ナヴィグリオのフラップのホックは、とても大きい。
私が知っているヴィトンのバッグの中では一番大きい。
Imgp5989l

↓布製のストラップは、サイド部分で革ベルトに留められている。
Imgp5994l

↓その革ベルトから下の部分は、革のストラップに変わって、バッグの底に続いている。
Imgp5992l

↓バッグの底は、革ストラップが横断している。
これが受け皿となり、バッグの中身の重みをしっかりと受け止める。
こんな豪華な構造になっていれば、簡単には型崩れを起こさないはずだ。
Imgp5990l

↓手の込んだ構造だが、外見はスッキリした小型バッグにまとまっている。
ヴィトン マジックだ。
Imgp5985l

このバッグは、休日用に購入したモノだ。
だからA4の書類など入らなくてもいい。

小型でお洒落で、機動性が高いナヴィグリオは、オフには欠かせないバッグだ。


kk-vuitton

2012年3月24日 (土)

【基】:Louis Vuitton ヌメ革 ブレスレット

Imgp4688l

これはヴィトンのヌメ革でできたブレスレットだ。

いやもともとはブレスレットではない。
何かを留める用の革バンドだ。

ブレスレットに丁度よいので、ブレスレットとして使っている。

何を留めるものかはわからない。
おそらく限定品か、ノベルティーだったのだろう。


↓しっかりしたヌメ革でできている。
しかし留めたときの形が楕円形に近いので、腕につけるとよくなじむ。
シンプルなのだが、上質感があるためか、妙に存在感がある。
Imgp4680l

↓留め金は2ヶ所のホック。
縁取りは、黄色のステッチで、ハードケースのヌメ革ハンドルと同じだ。
Imgp4686l

↓しっかり作られたモノは、どんなささいなモノでもすぐにわかる質感の違いがある。
Imgp4682l


ヴィトンのヌメ革を使った製品を愛用している人は、このブレスレットを一目見ればヴィトンのモノだとわかるだろう。

いつも握っている、あのプレジデントやコトヴィルのハンドルと同じ素材でできたブレスレットは、ハードケース好きにはたまらないアイテムだ。

シンプルなだけに、他のブレスとの重ね付けもできる。

ヌメ革は、変色しやすく、汚れやすい繊細な素材なので、手入れをしながら大切に使っている。


kk-vuitton

2012年3月21日 (水)

【詳】2:Louis Vuitton M21424 コトヴィル Cotteville 40 ハードトランク

→基本記事

Imgp4786l

コトヴィル40は、ヴィトンのハードケース現行標準製品の中で最も小さいものだ。
”40”とは、幅が40cmということだ。

この大きさだと、どこに持ち歩いても邪魔にならない。
混雑した電車でも持ち込める。

車の助手席にポンと置くこともできる。

もちろん飛行機の機内持ち込みも可能だ。
国内線の小型機でもOKだ。


↓金具や縁取りなど外装は、プレジデントより豪華だ。
Imgp4787l

↓内装はいたってシンプル。
この白の内張りは、防水加工してある。
Imgp4788l

↓上蓋の内側には、シリアルナンバーが貼ってある。
この番号でヴィトンに顧客登録されている。
私のコトヴィルは、なにやら面白い番号だ。
Imgp4789l

↓下側も内装は何も付いていない。
ハードケースは、このサイズより一つ上のサイズから、この下側部分に荷物押さえ用のストラップが2本取り付けられている。
Imgp4790l


↓椅子の幅とあまり変わらないので、人が座ったとき、膝の上に乗せても邪魔にならない。
Imgp4806l

以前、何かの記事で、シラク フランス元大統領がコトヴィルを持って歩いているのを見た。
さすがに良く似合っていた。

また、日本では一度だけ、ボロボロのコトヴィル40を持っている人を見た。
デザイン関係の仕事をしている人だった。
これもまた、なかなか粋な風貌だった。

私のこのコトヴィルは、プレジデントに比べると、まだまだ使い込みは浅い。


このハードケースは、ある意味、私が所有する全てのバッグの中で最も気に入っているバッグの一つだ。
もっと使用回数を増やしたいと思う。

ヴィトンのトランクに荷物を詰め込んで、世界中を旅するのは憧れの一つだ。
しかし大きなトランクだけでなく、この小さなトランクもお供に連れて行きたいものだ。


kk-vuitton

2012年3月15日 (木)

【詳】:Louis Vuitton N73260 CARGO ALLIGATOR HAVANE カーゴ・アリゲータ 万年筆

→基本記事

Imgp5712l

私は未だこれ以上のペンを見たことが無い。

価格がこのペンより高いものはあまた存在する。
しかし、これだけのクラフトマンシップとデザイン力で完成されたペンを他に知らない。

↓極太で重厚感がある最高級の万年筆だ。
Imgp5677l

↓なんとこの万年筆、アリゲーターの革が巻きつけられている。
Imgp5709l

アリゲーターの革は、『ワシントン条約』で国際取引が規制されている革だ。

『ワシントン条約』とは、「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」で、1973年にワシントンで採択され、1980年日本も批准している。
現在、約170カ国が加盟している影響力が大きい国際条約だ。

具体的な対象は、「附属書」と呼ばれるリストに記載されている。

このアリゲーターは、【附属書II】に記載され、国際取引を規制しないと絶滅のおそれのある種で、商業目的の取引はできるが、輸出国政府の管理当局が発行する輸出許可書が必要だ。


この万年筆、うかつに海外に持ち出すと、入管で大変なことになる恐れがあるのだ。

↓キャップ先端部分:どうやって革を巻きつけたかわからないほど精巧にできている。
Imgp5679l

↓先端は、つなぎ目が見当たらないので、被せて伸ばしてあるのかもしれない。
Imgp5681l

↓本体下部分も同様のつくりだ。
Imgp5687l

↓アリゲーターの革は、本当に美しい。
Imgp5689l

↓極太のキャップをはずすと、これまた太く重厚な金色の軸が現れる。
Imgp5695l

↓軸の手前の繋ぎ部分にまで、アリゲーター革が巻きつけられている。
Imgp5707l

↓ペン先は、細字を選択。
極太ペンに細字が、意外に書きやすい。
Imgp5703l

↓こんなに太く、ずしりと重い万年筆だが、バランスは抜群に良い。
いくら書いても不思議と疲れない。
Imgp5699l

「死んだワニは生きているワニより恐ろしい」という言葉があるそうだ。
それくらい、加工が難しい繊細な皮なのだ。

希少で高価な皮だが、加工段階で一歩間違えるとすぐに取り返しの付かないダメージを与えてしまう。
職人泣かせの素材でもある。

そんな繊細な皮をここまで巧みに駆使して、ペンという小さな世界に、これほど美しく加工してしまうクラフトマンシップは、他の追随を許さないだろう。


ちなみにこの万年質は、あることの成功を祝って自分にプレゼントしたものだ。
そういえば、もうあれから10年以上経つ。

これだけ繊細な革を使いながら、10年以上経っても傷みは皆無だ。
この革だけは、おいそれと手入れができない。

そのため、柔らかい布で拭く程度しかしていない。

それでも艶を失うことなく、美しい姿を保っている。
きっと加工方法が優れているのだろう。


こんなペンを作れるルイ・ヴィトンというブランドは、やはり凄いと思う。


kk-vuitton

より以前の記事一覧