カテゴリー「香水」の記事

2011年11月26日 (土)

【基】:BVLGARI ブルガリ プールオム 香水

50ml EDT・SP

Imgp4309l

この香水、3年ぶりに購入した。

以前よく使っていたのだが、無くなってからブルガリはブルー オードパルファムを使っていた。

同じブルーパッケージのブルガリでも、香りは違う。
オードパルファムの方が、少し甘い香りだ。

このプールオムの方がシャープな印象で、オムなのでまさに男性向きだ。

Imgp4315l

香りとは実に不思議なものだ。

久しぶりにつけると、この香水を使っていたころの記憶が鮮明に蘇ってくる。

実は人間は全ての事象を記憶しているとも言われている。
ただそれを効率的に引き出す手段が無いだけだ。

記憶という言葉から、20年以上昔に『偉大な記憶力の物語ーある記憶術者の精神生活』という本を読んだのを思い出した。

この本は、現在私の書棚で迷子になっている。
著者はアレクサンドル・ルリアというロシアの神経学者だ。

記憶術者である被験者”シィー”は、極めて得意な人物だ。
記憶力の達人というより、忘れることが出来ない人なのだ。

意味の無い数字列を憶えさせても、何年経っても憶えている。

「共感覚」という現象が一つのキーワードだ。
音を聴くと色や形が見えたり、色や形を見ると音が聴こえたり、匂いを感じたりする現象だ。

やはり普通の人間でも記憶は、様々な感覚と共感して引き出されるものかもしれない。

匂いはその中でもかなり強い共感性を持っているように思われる。

”忘れる”というのは、実は能力なのかもしれない。
忘れることが出来ない”シィー”は、日常生活にもかなり困難をきたしたようだ。

人生生きていれば、良いこと楽しいこともあるが、いやなこと悲しいことも数多くある。
こうした事象を忘れて行くから人間は生きて行けるものだ。

そして、たまにそれを思い出すくらいが丁度良いのかもしれない。


匂いは記憶を蘇らせる鍵の役目をしているようだ。

香水も人生のある一ページに対する記憶のマーキングとして働く。

良い思いでも、悪い重いでも、現在を離れれば離れるほど、”経験”という貴重な領域に入って行く。
これを思い出す鍵の一つとして”香り”を利用する。

香水のこんな楽しみ方は、若いうちは気が付かないだろう。

”男が香水など...”と言わず、お洒落として楽しむと、年を重ねるごとに記憶とリンクし、豊かな晩年が待っているかもしれない。


kk-vuitton


2011年9月 1日 (木)

【基】:GUCCI Eau de Parfum II オーデパルファムII 香水

Imgp3714l

この香水も、もう廃盤になった古いものだ。

GUCCI Eau de Parfumの後に発売された。

ボトルが全く同じだったので、IIといっても少し変わっただけかと思った。
しかし香水の色がピンクだったので、グッチで試してみたら、”Eau de Parfum”とは全くの別物だった。

どちらかと言えば、 Eau de Parfumが男性用、 Eau de Parfum IIは女性用だ。

---

Eau de Parfumの琥珀色とは全く違う、淡いピンク色の液体で満たされている。
Imgp3706l

この香りはなかなか表現しがたい。
たとえるものがないのだ。

それでも女性らしい香りであることは間違いない。
少し甘いにおいでもある。

---

この香水は時々しかつけない。
つけるとゆったりとした気分になる。
ビジネスには向かないかもしれないが、仕事でもゆったりしたいときはある。

Eau de Parfum IIも良い香水だ。
復刻してほしいものだ。


kk-vuitton

2011年6月30日 (木)

【記】:GUCCI Eau de Parfum オーデパルファム 香水 ストック

→ 基本記事

Imgp0552l

最も気に入っている香水だが、廃版になって久しい。
他の香水を色々使いながら、たまにこれをつけ、消費量を抑えている。

それでも、もう新品では手に入らないモノだけに、ストックをいくつか持っている。

Imgp0867l

もう古いモノだが、瓶のデザインも決して古さを感じさせない。
もちろん、香りもいつまでも飽きない普遍性を持っている。

↓これは発売当時の広告。
Gucci_edp

グッチは何故か少女を登場させているが、決して少女に合う香りではない。
イメージとしては、もっと大人のイメージだ。
重厚感ある香りとの対比を狙ったのだろうか?
Gucci

香水そのものの普遍性とは対照的に、この広告はどことなく古さを感じる。


香水は長い間には変質して匂いが変わってしまう。
そこでストックは、できるだけ高温にならないように、一応冷蔵庫で保管するようにしている。

熟成したブランデーのように、年を重ねるとより深みを増すような香水は作れないものだろうか。


kk-vuitton

2011年6月13日 (月)

【基】:Paul Smith ポールスミス EXTREME FOR MEN 香水

30ml EDT SP

Imgp2744l


2011年5月 8日 (日)

【基】:CHANEL EGOISTE エゴイスト オードトワレ 香水

50ml EDT SP

Imgp1586l

この香水、エゴイストというだけあって、少し攻撃的な匂いだ。
そう感じるのは私だけかもしれないが、主張する匂いであることは確かだろう。

私はこの香水、攻めが必要な日には必ずつけていく。
また大勢の前で話をするような日にもつけていく。
この匂いは気分が高揚する。
ただし暴走はしない。
冷静かつポジティブといったところか。


シャネルの香水は、つけていてどこか安心できる。
香りが薄っぺらではない。
深く奥行きがある。

その分つけすぎると大変なことになる。
部屋中がシャネルになってしまう。


以前から思っていたのだが、香水のスプレーのワンプシュは、量が多すぎるのではないだろうか。
一度にたくさん出た方が消費量が多いのはわかるが、少量ずつ使いたい人のことも考えてもらいたいものだ。


シャネルのエゴイスト、気合いを入れるときの香水だ。


kk-vuitton

2011年4月10日 (日)

【基】:ショパール ウィッシュ 香水

EDT SP 30ml
大粒のダイヤをイメージしたボトル

Imgp0855l


2011年3月18日 (金)

【基】:シルバー アトマイザー

素材:スターリングシルバー

Imgp1696l


2011年3月 9日 (水)

【基】:BVLGARI ブルガリ プールオム オードトワレ 香水

30ml EDT・SP


Imgp2034l_2


2011年2月 4日 (金)

☆【基】:CHANEL ALLURE アリュール オードトワレ 香水

Standard_m


50ml EDT SP

Imgp0557l


2010年12月24日 (金)

【基】:BVLGARI ブルガリ ブルー オードパルファム 香水

40ml EDP・SP

Imgp0560l