カテゴリー「手帳」の記事

2012年5月 5日 (土)

【詳】:Louis Vuitton R20975 アジェンダ ポッシュ

→基本記事

Imgp6236l

ダミエ・グラフィットのアジェンダ ポッシュは、洗練されたデザインで他の持ちモノとの相性がいい。
ゴールドでもシルバーでも、革でも金属でも、何にでも合う。

もちろん手帳としても機動性に優れ、使いやすさ抜群だ。


↓開くと左側は、カードなどを挿すポケットになっている。
Imgp6242l

↓私は手帳が膨らむのがいやなので、このポケットは使用していない。
Imgp6244l

↓濃色の内張りの革には、シルバーで刻印がされている。
Imgp6238l

↓このレフィルは古いのものだが、小口(こぐち)が金色に輝いている。
この金色の修飾、現在のレフィルには無くなってしまったのが残念。
Imgp6247l

↓長財布のように片手で容易に扱える大きさだ。
Imgp6252l

↓別売のレフィルは毎年発売される。
Imgp6254l

↓手帳カバーには、片側をはさみ込んで使う。
Imgp6258l

Imgp6260l

Imgp6263l

手帳というものは、持ち運びには邪魔なものだ。
放っておくとどんどん厚くて、重くなる。

その点、差し込み式レフィルは、最初から容量が決まっているので、毎日携帯する手帳には向いている。
本当にいつも携帯している手帳は、そんなに厚い必要はないものだ。

持ち歩く手帳が厚くなるのは、どこかに強迫観念があるからなのかもしれない。
いつか必要になったら直ぐに情報を取り出せるようにと、あらゆる情報を手帳に詰め込まなければ落ち着かなくなる。

しかし実際は、10年を振り返ってみても、分厚い手帳に書きとめた情報を、出先で緊急に必要とすることはほとんど無いものだ。

ならばスッキリと、スリムにと考えた結論が、この手帳だった。

Imgp6265l

その目論見は、見事当たり、今では欠かせない手帳となった。

情報とは流れていくものだ、一時的にストックするには、このスリムな手帳がうってつけだ。

ダミエ・グラフィットのクールさと、この手帳のクールな役割がピタリと一致した。

ビジネスにも、プライベートにも手放せない手帳だ。


kk-vuitton

2011年12月 4日 (日)

【基】:MOLESKINE モレスキン 手帳

Classic Hard Cover
ルールド ポケット

Cover : Hard Cover
Size : 9x14cm
Layout : Ruled
Colour : Black
Pages : 192ページ
Paper : Acid- free

Imgp4539l

これは、5年前から使ってきたモレスキンの手帳だ。

モレスキンという手帳について、いまさら細々とまとめる必要はないと思う。
知的道具として、文具に興味のある人でモレスキンを知らない人はいないからだ。

伝説のノートと言われ、多くの歴史的著名人たちが愛用してきた。
この手帳を人生そのものと重ねて語る人も多い。

世の中にはモレスキンを様々に工夫して使っている人が大勢いる。
スケジュールを事細かに記述している人もいれば、自分の日常を記録することに血道を上げている人も多い。

しかし私は単なる記録には興味がない。

私なりにモレスキンを一言で表現すると、”恒久手帳”とでも言い表せようか。
つまりずっととっておくに値する手帳だ。
必然的に書き込む内容もそれに準ずることとなる。


私のモレスキンの使い方は単純だ。
目標を書き出し、絞込み、人生の中長期計画を立てるための手帳だ。

私はだいたい5年毎にモレスキンを買いたくなる時期が来る。
それは大きな目標の建て直しの時期でもある。

5年ごとに新しいモレスキンを購入するが、一旦買ったらほぼ3ヶ月以内に一冊埋める。
その後も、しばしば一部修正はするが、基本的には最初の骨格が以後5年間を決めることになる。


Imgp4540l

---

モレスキンの造りはいたってシンプルだ。

バリエーションはたくさんあるが、基本形がしっかりしている。
一般的な特徴は以下のようなものだ。
・黒いオイルクロスで覆われた硬く角が丸みを帯びた表紙
・中性紙を使用した中身
・糸で綴じられた丈夫な製本
・開き防止のゴムバンド
・便利なしおり
・裏表紙のポケット

一方、私の感じた特徴は以下の通り。
・絶妙な大きさ
・オイルクロスの質感の良さ
・手帳というより一冊の本
・安易に書き込むことを拒むような威厳
・書き込んだ後の愛着感

Imgp4542l

いずれにしても、モレスキンとは恒久性のある手帳というのが私の定義だ。
流れていっても良いような情報(アジェンダ等)を記述する手帳としては使わない。

---

先日久しぶりに新しいモレスキンを購入した。
こんなに平べったかったかなと思うほど、薄く感じた。

↓並べてみると5年間の重みがわかる。
Imgp4545l

↓厚みがこんなに違うとは!とても同じ手帳とは思えない。
Imgp4546l

↓骨格の考え方を補強するために、資料を貼り付けたり、ポストイットを貼ったりして、厚みが増してくる。
Imgp4553l

5年間で全部のページを埋めたわけではない。
そんなつもりもない。
必要な分だけ使って、次の5年は新しいものにする。

新しいモレスキンには、前回のものから情報の引継ぎをする。
内容の骨格で、次の5年に使えるもの、変わらないものは書き写す。

そのため、当面は2冊を一緒にしておく必要がある。


来年は人生の方向性の転換期になる可能性が高い。
今後の方向性を決める大切な手帳はモレスキンだ。

それを任せるに足る手帳だ。


kk-vuitton

2011年8月31日 (水)

【基】:GUCCI 小型手帳

10×6.5×1cm

Imgp2498l

これは、グッチの小型の手帳だ。
かなり小さい。

Imgp2496l


私の手帳の使い方には、二通りある。
一つは、流れ去る情報を一時的に書き留めておく使い方。
そしてもう一つは、恒久的に保存しておきたい情報を書き留めておく使い方だ。

この小さな手帳は、後者の目的で使っている。
いわゆる住所録として使っているのだ。

パーソナルデータというものも、人それぞれの都合で様々に変わるものだ。
引っ越したり、電話を買い換えたり、結婚したりと、情報は入れ替わる。

それを気にせず、メモ的にパーソナルデータを書き留めているのがこの手帳だ。


パソコンで綺麗に整理したデータもあるのだが、それだと”歴史”というものが残らない。
この手帳には、各必要が生じた順番に、データが記録されている。

10年前に知り合った人は、大体10年前くらいに書いた場所にデータがある。
かなりアバウトだ。

もう連絡しなくなった人も、また十年後に連絡を取りたくなることもある。
そんなときは、この手帳を見ればどこかに書いてある。

探すのが大変な場合もあるが、頻繁に困ることはない。


恒久的に残したい情報を、綺麗に整理しないで、追記、追記で積み重ねていく方法も悪くないものだ。
人間は、コンピュータより複雑にできているのだ。


kk-vuitton

2011年6月22日 (水)

【基】:Louis Vuitton R20001 アジェンダ ビューロー

W18.5×H23cm

Imgp0388l

これはA5版の手帳カバーだ。
リング式ではなく、製本された手帳を差し込むタイプの手帳カバーだ。

私は長年、ヴィトンのリフィルではなく、市販のA5版手帳の中身だけを挿入して業務日誌として使っていた。

私が使っていたのは、”能率ダイアリーA5”だ。
Nouritu1

これのビニールカバーを取外し、中身をこのヴィトンの手帳カバーに挿入して使う。

Nouritu2

手帳の形式は、左に一週間分の予定表、右がメモというタイプだ。

12年ほど、この形式で業務日誌を書いてきたが、仕事の内容が変わったことと、IT化が進んだことで今は使わなくなってしまった。

しかし、この手帳カバーは汎用性が高いので、ちょっとしたメモをはさんだり、普通のA5ノートをはさんだりして、使っている。

この商品、現在は型が変わったようだ。
→現行品:「アジェンダ“ビューロー”NM」 R20100


kk-vuitton

2011年6月16日 (木)

【記】:ダミエの歴史と3つのダミエ

Imgp2569l

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ルイ・ヴィトンのダミエシリーズには長い歴史がある。


江戸時代、歌舞伎役者の初代佐野川市松が袴に施した模様が人気を博した。
これが、色違いの正方形を交互に配した「市松模様」だ。

ルイ・ヴィトンのモノグラムが、日本の家紋に着想を得てデザインされたのは良く知られている。
ダミエもまた日本の「市松模様」を原型として生まれたものだ。


実は、ヴィトンのダミエの歴史はモノグラムより古い。
最初に発売されたのは1888年だ。

しかし、模造品が増えたことで1896年、モノグラム誕生とともに製造中止になった。
それから100年後の1996年、モノグラム誕生100周年記念の限定版として復刻した。

そして、2年後には定番ラインとして完全復活することになった。
シンプルな幾何学模様とヴィトンの定番カラーであるダークブラウンとベージュの組み合わせは、オンにもオフにも使える不思議な魅力を持ったラインとして結実した。


さらに、2006年にはダミエ・アズールが、2008年にはダミエ・グラフィットが誕生し、ダミエの選択肢は大きく広がった。

アズールは、ホワイトをベースにブルーなのかバイオレットなのか、微妙な色の組み合わせから出来ている。
ブラウンを中心に暗い色が多かったヴィトンの商品は、夏には少し暑苦しく感じていた。
アズールは夏は涼しげであり、冬は雪を連想させる色が、町の景色に溶け込む魅力を持っている。

一方グラフィットは、明らかに男性を意識したラインだ。
ブラックとグレーの組み合わせは、引き締まった印象を演出する。
小物を持っていても押し出しが強く、ビジネスにも強力なアイテムだ。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


3種類のダミエを比較してみた。

Imgp2568l

写真左 → ダミエ : Louis Vuitton N61823 ポルト バルール・カルト クレディ

写真中 → ダミエ・アズール : Louis Vuitton N60020 ミュルティクレ4 キーケース

写真右 → ダミエ・グラフィット : Louis Vuitton R20975 アジェンダ ポッシュ

ベースとなるダミエ柄は同じであるにもかかわらず、色の組み合わせでここまで印象が変わる。
私は、あまり同じアイテムを色違いでそろえることはしないが、この3つのダミエは全く違うモノに感じられる。


どのアイテムを、どの色でそろえるか、じっくり考えて一生モノを購入する楽しみは尽きない。


kk-vuitton


2011年6月 2日 (木)

【記】:ルイヴィトン 手帳3サイズ

Imgp0821l


ヴィトンのシステム手帳(正確には手帳カバー)は、大きさが3種類ある。
大きいほうから、GM,MM,PM。

写真も下から、GMMMPMだ。

市販の6穴システム手帳のサイズと対比すると以下の通り。
GM=ビジネスサイズ(A5サイズ)
MM=バイブルサイズ
PM=ポケットサイズ(ミニ6穴サイズ)

リフィルや様々な手帳ツールも市販のものがそのまま使える。


手帳の大きさの選択はかなり迷うものだ。
書き込む内容が多い場合は、GMくらいの大きさでないと使えないが、大きく重いので携帯性が犠牲になる。
一方、携帯性を重視したPMだと書き込める内容がかなり限られる。

会議などのメモは、速記や絵による表現を書き留めたい場合があるなど、PMでは役不足である。

MMはGMとPMの中間だが、いいとこどりになるか、中途半端になるかは、やはり実際の使い方によって決まるだろう。


結局私は、全ての大きさをそろえて、それぞれの用途で使っている。
一つの手帳で全てを満たすのは不可能だとわかったからだ。

この他にも大小様々な手帳を使っている。

PCや携帯電話でデジタル化されたとは言え、アナログ手帳の出番は減らない。
知的生産活動には必須のモノだ。

手帳にとことん凝ってみるのも良いことかもしれない。


kk-vuitton

2011年5月21日 (土)

【基】:HERMES 手帳

サイズ:GMS
カラー:ゴールド
素材:ボックスカーフ

Imgp0378l

エルメスの手帳は使いやすい。
女性にも人気があるようだ。
女性はバッグでエルメスの良さを知っているのだろう。

小さくてもエルメスの革は特別な存在感を持っている。
一つでもエルメスのアイテムを持っている人は違いがすぐ分かるはずだ。
他の革製品では決して真似できない質感が存在する。

Imgp0380l


この手帳は横長のリフィルを入れて使っている。
使い方は、Louis Vuitton R20975 アジェンダ ポッシュで書いたものと同じだ。

つまり、アジェンダ ポッシュと交代で使っているのだ。


モノというのは、一つのモノだけをずっと使い続けると、どうしても傷みが早くなる。
私は、例えば財布,キーケース,手帳といった各アイテムごとに複数のモノを用意して、ローテーションするようにしている。
ブランドやデザイン、色を変えることによって、気分も変えることができる。


私は、モノを”使い潰す”という使い方は好きではない。
大切にずっと使うためには、どうしてもローテーションが必要だ。


kk-vuitton

2011年4月22日 (金)

【基】:Louis Vuitton R21049 アジェンダPM 手帳カバー ノマド

サイズ (幅×高さ×マチ): 10cm x 14.5cm

-ノマド・レザー(LVロゴの刻印入り)
-ダイアリーカバー
-ライニング(素材:カーフスキン)
-スナップ開閉式
-バインダー6穴
-クレジットカード用ポケット3つ
-レフィル(別売):ダイアリー、アドレス帳、ノート

Imgp0392l

手帳というアイテムは、いくつあっても欲しくなるモノだ。
リングタイプの手帳は、中身の入れ替えができるので、気分によってカバーを変えることができる。

これは、ヴィトンの製品ラインの中でも珍しい、総天然革仕上げのノマドシリーズの手帳だ。
大きさは、PMで一番小さいタイプだ。

ノマドは、遊牧民という意味らしい。
色はヌメ革より濃く、キャラメルブラウンとでも言うのだろうか。
ちょうどヌメ革が良い色に変化したあたりの色味を狙っているのかもしれない。
キズの無い上質な牛革を鞣した質感の高い製品ラインだ。

ノマドも使い込むほどに味わいが出る素材だ。
キズがつきやすいのは仕方がない。
私は、まだ綺麗に使っている。

-------

この手帳には、買ったときにイニシャルを入れてもらった。
いわゆる、パーソナライゼーションサービスの一つで、ホットスタンピングというサービスだ。
イニシャルを無料で刻印してくれる。
Imgp0394l


--- ノマドについて LOUIS VUITTON 説明 ----------
ノマド・ラインは、表面に全く傷のない牛革を厳選して使っています。この牛革は、植物タンニンで鞣されており、時が経つにつれてエレガントな艶のある色合いが生まれてきます。

1. 本製品は、自然革を使用しているため、表面に薄く血管や皺の跡が見られる場合がありますが、品質上の問題はありません。
2. 皮革の性質上、摩擦・水濡れ・汗等により色落ちがおきたり、シミになる事がございます。淡色のお洋服をお召しの際や雨の日のご使用については、特にご注意ください。また油性の製品(グリースや化粧品など)、アルコールを含んだ製品(香水、マニキュア、除光液、ベンジンなど)との接触が無いようご注意ください。
3. 素材の特質上、時の経過や使用環境、保管環境によっても変色することがありますのであらかじめご了承ください。
4. 皮革の光沢を損なわないように研磨剤や目の粗いもの等、他物との接触をさけてください。また爪・アクセサリー等による引っ掻きキズがつきやすいため、お取扱いには充分にご注意ください。
5. 製品内側に使用している素材の特質上、時の経過や使用環境、保管環境によっても劣化することがございますのでご了承ください。
6. 汚れがついた場合は、柔らかい布で拭き取ってください。
7. 波打ちや色落ち、シミの原因になりますので、雨等で濡れた場合には、柔らかい布で水分を拭き取った後、陰干ししてください。
8. 本製品は、風通しの良い、乾燥した場所に保管してください。また湿気や湿度が高く、風通しの悪い場所での保管・放置は避けてください。高温になる場所(暖房器具のそば、直射日光が当たる車内など)には短時間でも保管・放置しないでください。
9. 保管の際は、防虫剤は使用しないでください。
10. 保管する際には付属布袋をご使用ください。
-------------------------------------------

Imgp0395l

とても美しい手帳だ。
小さくても天然素材の放つ自然な光沢は温かく、優しいものだ。

私はこの手帳には、日々の忙しい予定などは書き込まない。
その時々に思いついた珠玉のアイディアを書き留めた紙を集めてファイルしてある。
この手帳をゆっくり見なおす時間は、何ものにも代えがたい。


kk-vuitton

2011年3月 5日 (土)

【詳】3:Louis Vuitton R20006 アジェンダ GM 手帳カバー

→基本記事へ


手帳の見開き左側は、ポケットが3つある。
1つ目の小さなポケットは、横11cm×縦5cmで、名刺を横にした状態で収納することができる。
2つ目のポケットは、横11cm×縦19.5cmのフラップになっている。
3つ目のポケットは、横12.5cm×縦21cmのフラップ。
このフラップは、右と上が空いているため、右上からメモなどを挟み込みやすい構造だ。
ただし、上からメモがこぼれおちる可能性もあることに注意。
Imgp1525l

手帳の見開き右側は、ポケットが2つ。
1つ目は、左側と同様の大きさ,位置の小さなポケット。
2つ目は、上下と右側が縫い合わされ、左側から書類などを出し入れするポケット。
これは、多少手帳を振り回しても中身が落ちることはないので、重要なものはこのポケットに入れる。
Imgp1526l

ペンホルダーは、直径が小さめで、φ10mm~11mm位のペンまでしか挿せない。
Imgp1530l

刻印は左下のポケット部分にある。
この手帳はフランス製造だ。
Imgp1532l

厚みはかなりあり、最も厚いところで4cm。
Imgp1539l

紙もかなりの量が収納できる。
Imgp1534l


手帳の作りそのものが厚く、頑丈にできていて、使っていて安心感がある。
Imgp1546l

→基本記事へ


kk-vuitton

2011年2月20日 (日)

【詳】2:Louis Vuitton R20006 アジェンダ GM 手帳カバー

→基本記事へ


手帳を開くと真中に金色の金具があり、紙を留める6つのリングがある。
Imgp1550l

リングを開けるには、金色の金具の両端にあるレバーを押す。
Imgp1528l

6つのリングが開いた状態。
この状態で紙をセットし、リングを閉じるときは、リングそのものに閉じる側に力を加える。
Imgp1548l

使い勝手としては、通常の6穴リング式の手帳となんら変わらない。
しかし、ヴィトンの手帳は、モノグラムのキャンバスや革部分だけでなく、金具の細部にいたる部品まで決してモノづくりの手を抜いていない。

それは、10年以上使い続けてみて実感した。
金具は一度も壊れたことがない。

もし壊れても、いつでもヴィトンのリペアセンターで週隆が可能だ。
この安心感が、普段の使い心地の背後に存在する。


→基本記事へ