カテゴリー「パスケース(カードケース)」の記事

2011年8月21日 (日)

【記】:Louis Vuitton M60533 ポルト 2カルト・ヴェルティカル パスケース メンテナンス

Louis Vuitton M60533 ポルト 2カルト・ヴェルティカル パスケースのメンテナンスをした。

Imgp3552l

このパスケース、かわいそうなくらい使われてきた。
おかげで、グレインレザーの端がすり減って白くなってしまった。
Imgp3562l

こんなみすぼらし状態だ。
Imgp3556l

角もすり減っている。
Imgp3554l

このまま使い続けると、すり減った部分から革の劣化が進む。
水分と油分が失われ、モノグラムキャンパス側にも亀裂が入ってしまう。
Imgp3555l_2

ヴィトンの製品は、内側のグレインレザー(型押しの明るい茶色)と、外側のモノグラムキャンパスを貼り合わせてある。
そして端の部分を特殊な塗料を付けて仕上げてある。
端をぐるっと取り囲む、濃い焦げ茶色をしているところだ。
ヴィトンでは、この部分を”ヴァニッシュ”と呼んでいる。

このヴァニッシュは、ヴィトンで付け直しのメンテナンスをしてくれる。
このパスケース、折れ曲がる部分のヴァニッシュが多少痛んで二つに分離してしまっているが、摩耗が少ないのでまだ大丈夫だろう。

Imgp3559l


---

今回は、グレインレザーの白くすり切れた部分のメンテナンスをした。
使ったのは、”M.モゥブレィ シュークリーム”だ。

シュークリームと言っても、高級革靴を手入れする、高級クリームだ。
私はこれで全ての靴を磨いている。
特に10万円を超える靴は、このクリームで磨くと自然でしっとりした艶が出る。
油性ワックスの出番がないほどだ。
Imgp3565l
----------------------------------------------------
サイズ(約):幅6.2×奥6.2×高3.5cm
容量(約):50ml
素材:パラフィンロウ、モンタンロウ、ミクロクリスタリンワックス
    セチルアルコール、ソフトウォーター
原産国:イタリア
----------------------------------------------------

間違ってはいけないが、このクリームは、乳化性クリームだ。
決して油性ワックスではない。
目的は、油分と水分の補給だ。

色はたくさんのラインナップがある。
私は無色のものや、ブラウン系の数色を使い分けている。
Imgp3584l

今回のパスケースのメンテナンスには、この中で一番濃い色の”ダークブラウン”を使用した。
Imgp3568l_2

白くすり切れた部分に、油分と水分の補給をするとともに、補色もする。
乳化性クリームによる補色はかなり濃いめの色を選択するのがコツだ。
乳化性クリームでは革を”染色”することはできない。
あくまで、すり減って色落ちした部分に色の粒子を置いているだけだ。
濡れたりすると色落ちする。
Imgp3572l

綿棒にクリームを付け、少しこすっただけでも、明らかに補色され白い部分が目立たなくなる。
Imgp3574l

何度か塗り込むと、さらに綺麗になる。
カサカサの革に、油分と水分が染み込んでいく。
Imgp3580l

まだ少し塗り込みが足りないが、だいぶ綺麗になった。
Imgp3588l

最後に、柔らかい布でから拭きをする。
このとき、染み込まなかった余分な油分や色粒子が綺麗に落とされ、同時に艶がでてきてツルツルになる。

色つきの乳化性クリームは、気をつけないと衣服などに色移りする。
から拭きをしっかりしておくことが大切だ。

---

綺麗に蘇ったパスケース。
Imgp3586l

10分もかからない作業で、これだけ綺麗になるとやり甲斐があるというものだ。
これからは、もう少し頻繁に手入れしてあげることにしよう。


kk-vuitton


2011年7月28日 (木)

【基】:Louis Vuitton M85011 オーガナイザー・ドゥ・ポッシュ

サイズ (幅×高さ×マチ): 7.5cm x 11cm

-ノマド・レザー(LVロゴの刻印入り)
-カードケース
-ライニング(素材:レザー)
-クレジットカード用ポケット2つ
-内ポケット4つ
-外ポケット1つ

Imgp0428l

ノマドの革は本当に美しい。
ヌメ革を程よく焼いた色にも似ているが、やはりノマドにはノマドの風格がある。

黄色いステッチが、デザイン全体を引き締める効果を出している。

そういえば、ハードトランクなどのヌメ革部分のステッチも同じ黄色の糸が使われている。


小さいカードケースでも、明らかに他のモノとは違う存在感を放っている。

このカードケース、ノマドの手帳を使うようになって、その良さを改めて知り購入した。
→ 【基】:Louis Vuitton R21049 アジェンダPM 手帳カバー ノマド

Imgp0430l

まだ使い込みが浅いが、これから頻繁に使うことにしよう。


kk-vuitton

2011年4月13日 (水)

【基】:Louis Vuitton M60533 ポルト 2カルト・ヴェルティカル Bleu Toledo パスケース

エピ:ブルー(旧)
サイズ:11.5×8cm

Imgp1592l


2011年3月29日 (火)

【基】:HERMES カードケース

カラー:エルメスオレンジ
サイズ:94×69mm
ポケット:2

Imgp1594l

これは、とてもシンプルなカードケースだ。
3枚の革を縫い合わせてあるだけだ。
四角い革を、”H”の形をした2枚の革でサンドイッチした構造になっている。
カードを入れる場所は、表裏2ヵ所だ。

HERMESの”H”をかたどり、カラーもエルメスオレンジなので、こんな小さなモノだがエルメスというブランドをよく象徴している。


このカードケース、とても目立つので、なくしては困る大切なカードを入れるのに良い。
私は、自動車の免許証と保険証カードを表裏に一枚ずつ入れている。
お金が関係するカード以外で、重要なカードはこの2枚だ。


カードを挿入すると、Hの窓の部分にカードが覗くので、どんなカードが入っているのが一目でわかる。
Imgp2146l

なんとも粋なデザインだ。
シンプルでありながら、機能性にも優れる。
エルメスのデザインはほんとうに秀逸だ。


困ったことが一つ。
一旦、エルメスの革製品を使うと、他の革製品が使えなくなることだ。
明らかに革の質やナメシが違うことがわかってしまう。

こんなシンプルな構造だから、真似しようと思えば簡単に作れてしまう。

しかし、この革の質感は絶対にまねできない。
これがエルメスの偽物対策だ。

いや、エルメスの魔力なのかも知れない。


kk-vuitton

2011年3月13日 (日)

【基】:Louis Vuitton M60181 クーヴェルテュール・パスポール パスポートカバー

サイズ (幅×高さ×マチ): 10cm x 14cm
-モノグラム・キャンバス
-パスポートカバー
-ライニング(素材:レザー)
-パスポート差込み用ポケット1つ
-クレジットカード用ポケット3つ
-名刺、チケット類用ポケット2つ

Imgp0409l


Imgp0410l


2011年2月 9日 (水)

【基】:Louis Vuitton N60016 ポルト カルトID バンドリエール パスケース

ダミエ
サイズ:7.5×10.5cm

Imgp0695l


2010年11月 4日 (木)

☆【基】:Louis Vuitton M60533 ポルト 2カルト・ヴェルティカル パスケース

Standard_m


サイズ:11.5×8cm
Imgp0263l

このパスケースは、10年以上私の左胸のポケットに出入りを繰り返してきたものだ。
私の持ちモノの中でも最も使用頻度が高いモノの一つだと思う。

ヴィトンのモノグラム・キャンバスの堅牢さは世に広く知られているが、自分自身で実感したのはこのパスケースを使いはじめてから。

それ以前に使用していたパスケースは、皮製,ビニール製いろいろあったが、いずれも3年くらいでみすぼらしく型崩れして、愛着が薄れてしまった。

一度ヴィトンのお店で同型新品のパスケースと私の使い込んだそれを比べてみたことがある。
やはり一見してどちらが新品すぐにわかった。
どこがちがうのだろうか?

10年を越えて使ってもモノグラム・キャンバスの表面に傷は全くついていない。
手垢による汚れもあるだろうが、それも目立たない。
最も違うのは、微妙な’ふくらみ’だ。
私のパスケースは、微妙なふくらみを持ち、いい感じの使用感と温かみが出ている。
逆に新品のパスケースはペチャンコで、そっけないく人間のニオイが感じられない。

私はパスケースにいろいろなものを入れている。
交通系カードはもちろん、名刺,メモの切れ端、写真や小さな鏡まで入っている。

落として失くしかけたこともあった。
奇跡的に手元に戻ってきた。
平日も休日も、外出するときは必ず持って出る。

10年使い込んで、本当に自分のものとなった道具への愛着は捨てがたいものがある。
今は廃盤となってしまったこのシンプルなパスケース、この先まだ10年,20年使って行くことになるだろう。