« 【詳】:エドワード・ヴァン・ヘイレン モデル2 | トップページ | 【お知らせ】:このブログの続き »

2012年5月26日 (土)

【基】:岡本太郎 太陽の塔 現在の顔

Imgp6554l

これは、岡本太郎作の”太陽の塔”の中央に鎮座する「現在の顔」のレプリカだ。

陶器でできている。
これ以外にも、「未来の顔」や「過去の顔」のレプリカなども存在する。

70年代当時、かなりの数が出回ったものなので、特に珍しいモノではない。
今でもオークションなどで、手軽に入手できる。

しかし、私はこの”顔”がどうしても好きで、岡本太郎 太陽の塔 顔 ペーパーウェイトとともに、大切にしている。

↓陶器製の壊れやすいモノだが、もう40年以上経っている。
Imgp6559l

↓この陶器、決して質の良いものではない。
市販のお土産レベルだ。
ちょっと衝撃を与えると、おそらく簡単に割れてしまうだろう。
Imgp6560l

この”顔”、娘は「気味が悪い」とか「怖い」とか言って、悪評ふんぷんだ。

だが私は、この顔があるとどこか安心するし、やる気が出る。
そのため、いつも自室の壁に掛かっている。

地震が多い昨今、落ちて割れたら大変だと思いながら、どうしても仕舞い込む気になれない。

これも芸術作品の本当の楽しみ方の一つなのかもしれない。

レプリカであっても、人びとの心に何かしら響くものを持っている。
それを日常の中に取り込むことで、抽象的ではなく、具体的、現実的効果が現れる。


三国志の英雄軍師である諸葛孔明は、「死せる孔明生ける中達を走らす」と謳われた。
しかし英雄のみならず、芸術家はみな、死してなお生ける人びとに影響を及ぼし続けるものだ。

岡本太郎という芸術家のパワーは、その作品とともに、何年経っても失われることは無いだろう。


kk-vuitton

« 【詳】:エドワード・ヴァン・ヘイレン モデル2 | トップページ | 【お知らせ】:このブログの続き »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

オブジェ」カテゴリの記事