« 【記】:『ジョルジュ・ルオー 名画の謎』展 その1 | トップページ | 【基】:岡本太郎 太陽の塔 現在の顔 »

2012年5月24日 (木)

【詳】:エドワード・ヴァン・ヘイレン モデル2

→基本記事

Imgp2407l

Ernie Ball Music Man 5150のコピーモデルである、このギターは日本製だ。

とても丁寧に造り込まれている。

↓トレモロユニットは、GOTOH製だ。
もしかしたらフロイドローズより安定しているかもしれない。
Imgp2411l

↓小さな部品までしっかり造られていて、日本製を感じさせる。
Imgp2409l

↓ピックアップはどこのものか不明。
Imgp2416l

↓良い楽器はバックから見ても違いがわかる。
トレモロユニットの裏側は、3本のバネが装着されている。
Imgp2421l

↓ヘッドも手抜きなし。
弦はヘッドの根元で固定される仕掛けになっている。
チューニングの狂いがほとんど無い。
ヘッドの模様や塗装も完璧。
Imgp2413l

↓ペグも美しい。
このギターのヘッドは小さいので、ペグが寄せ集まっている。
Imgp2417l

このギターの出来の良さは、弾いてみればすぐ分かるが、見た目も良くできている。

特に塗装だ。
ヴァン・ヘイレンと言えば、赤地に白と黒のストライプのギターがトレードマークだが、この柄は安っぽい塗装をすると手抜きが一目瞭然となる。

色を重ねた上に、クリア塗装をし、それを平らに仕上げてある。
クリア塗装が厚めに重ねられている証拠だ。

Imgp2412l

音は一言で言えば、”甘い音”がする。
ヴァン・ヘイレンは、全盛期のギラギラした音から、Music Manが奏でる甘い音まで、何度か音が変化している。

このギターは後者の音を再現したものだ。


夜遅く、ヘッドフォンをして弾くヴァン・ヘイレンもまたいいものだ。
このギターはそんな弾き方にも付き合ってくれる。


kk-vuitton

« 【記】:『ジョルジュ・ルオー 名画の謎』展 その1 | トップページ | 【基】:岡本太郎 太陽の塔 現在の顔 »

【詳】細アイテム」カテゴリの記事

ギター,音楽関連」カテゴリの記事