« 【基】:GIORGIO FEDON ジョルジオフェドン MIGNON 小物入れ | トップページ | 【記】:『ジョルジュ・ルオー 名画の謎』展 その1 »

2012年5月19日 (土)

【詳】:Louis Vuitton M61960 ポルト モネ・キュヴェット

→基本記事

Imgp6422l

この馬蹄形のコインケースは、世の中にはたくさんあるデザインだ。
コインケースとしては、オーソドックスな形でもある。

しかし”ヴィトンが作るとこうなる”と言えるほど出来がいい。

↓開くと内部は全て、型押しグレインレザー仕上げだ。
Imgp6425l

↓外周表面は馬蹄形を二つ合わせた形にカットされたモノグラムでできている。
Imgp6432l

↓このコインケースの使いやすさは、開いたときにコインが取り出しやすいことだ。
この写真上部にコインが入っていて、開くと下側のフタがお皿代わりになり、出てきたコインを受け止める。
お皿の上で、コインを選別することができるので、支払いのときにまごつくことがない。
Imgp6427l

↓小さなポケットまでついているので、コイン以外の切符や何かのトークンのようなものを別にしまえる。
Imgp6429l

↓コインの取り出し口は意外に狭い。
Imgp6431l

↓ケースの厚みもあまりないので、大量なコインは扱えない。
Imgp6443l

↓ケースを開くときは、このフラップを引っ張る。
Imgp6444l

実はこのコインケース、価格がかなり高めだ。
通常のコインケースの1.5倍から2倍はする。

以前ヴィトンの店員に理由を聞いてみた。
理由は、この形のコインケースは機械で縫うことができないため、一つ一つ手縫いをしているからということだった。

↓確かにこの狭い範囲を立体的に縫い上げるのは大変なことだ。
Imgp6445l

↓横から見ても複雑な仕上げが良く分かる。
Imgp6447l

Imgp6438l

コインケースのように、最も過酷な環境で使われるモノは傷みも早い。
中では汚れた硬いコインが暴れまわり、外は人間の手が乱暴に扱う。

しかし丹念に作られたモノは、長持ちするものだ。


このコインケースは、エルメスのル・ヴァンキャトルと交代で使っている。
休ませる前には、内外を全て綺麗に手入れしてからしまう。

もし糸が切れても、メンテナンスに出せば綺麗に縫い直してくれるだろう。

これも一生モノのコインケースだ。


kk-vuitton

« 【基】:GIORGIO FEDON ジョルジオフェドン MIGNON 小物入れ | トップページ | 【記】:『ジョルジュ・ルオー 名画の謎』展 その1 »

【詳】細アイテム」カテゴリの記事

財布」カテゴリの記事

<ルイ・ヴィトン>」カテゴリの記事