« 【詳】:HERMES ル・ヴァンキャトル コインケース | トップページ | 【基】:LAMY noto ボールペン オレンジ »

2012年4月14日 (土)

【比】:モノグラムとモノグラムミニ

Imgp5930l

ヴィトンというブランドのモノグラム柄への執着は強い。

何十年経っても、柄の配置は0.1mmの狂いも無い。
色も全く同じだ。

裁断も厳密に行われ、LVマークは決して切断されない。


私も30年以上前のモノグラム製品を持っているが、新品の製品と比べても、どちらが新しいのか古いのか区別がつかない。

これは、製法や管理がしっかりしていることを物語っている。


こうしたモノグラムへの固執の一方で、ヴィトンは平気でモノグラムの上に柄や絵を描いた商品を発売している。
特に近年はこの傾向が顕著だ。

ブランドの顔とも言えるモノグラム柄を、あたかもキャンバスのように使っている。

老舗ブランドにも新しい風というのは必要なのだろう。


私が驚いたのは、むしろ小さな柄のモノグラムが発売されたときだ。

それでもモノグラムミニのシリーズは、コットン生地だし、それ以外はマルチカラーのミニだった。


↓このジュエリーケースは、通常のモノグラム色のまま柄が小さくなっている。
これは驚きだった。
Imgp5934l

縮小されたモノグラムは、ニセモノと間違われる危険性がある。
ブランドの存在さえも揺るがしかねない危なさを持っている。

↓こうして比較してみると、ミニはかなり縮小されている。
Imgp5928l

↓柄が小さくなっても、配置のこだわりは変わっていない。
シンメトリーに配されたモノグラムは、縮小しても美しい。
Imgp5936l

↓まるでミニチュア模型を見るようだ。
Imgp5942l


Imgp5948l


通常のモノグラム柄は、決して小さな柄ではない。
中世ヨーロッパで馬車に乗せて運ぶ大型トランクを彩った柄なので、それなりの大きさがある。

箱型の大型トランクが無くなった現代では、モノグラムは少し大きすぎるのかもしれない。

ミニ柄にすると小物にも良く似合う。
モノグラムを適用できる範囲が広がる。

しかし通常色のミニモノグラムは、その後ヴィトンの製品の中に登場していない。
はやり何かブランド上問題になったのかもしれない。

こうしたことを考えると、このジュエリーケースはとても貴重なモノになる。


私はこのミニモノグラムも悪くないと思う。
むしろ積極的に小物などに展開して欲しいものだ。


kk-vuitton

« 【詳】:HERMES ル・ヴァンキャトル コインケース | トップページ | 【基】:LAMY noto ボールペン オレンジ »

【比】較アイテム」カテゴリの記事

<ルイ・ヴィトン>」カテゴリの記事