« 【基】:ヴェルサーチ VERSACE ネクタイ2 | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton 型番不明 書類入れ タイガ エピセア »

2012年4月 7日 (土)

【基】:HERMES キャンディリング

サイズ:56号(16号)
素材:シルバー925+樹脂(オレンジ)

Imgp3660l

エルメスのリングのデザインには、いつも驚かされる。
それにしてもこのデザインには脱帽だ。

まるで柔らかいキャンディーを指に巻きつけたようなデザイン。
しかも中にオレンジのグミ入りだ。

シルバーに、色付きの樹脂を組み合わせている。
この樹脂は何色かバリエーションがあったが、私はエルメスカラーのオレンジを選択した。


↓斜めに空いた”H”ホールから、オレンジの中身が覗き見える。
Imgp3662l

↓中身がグニュッと、今にも飛び出してきそうだ。
Imgp3666l

↓ロゴと素材とサイズが刻印されている。
Imgp3664l

↓一見、女性的デザインに思えるが、実際使ってみると意外とシャープで男性的でもある。
Imgp3669l

この指輪のデザイン、なんとなくデザイナーの苦労が想像できる。
おそらくキャンディーを指に巻くという単純な発想からデザインを始めたに違いない。

そこまでは誰でも考え付きそうなアイディアだ。

しかしここまで完成度を上げるためには、何度も何度も試行錯誤をしたことだろう。
細部にはその痕跡が見て取れる。


良いデザインとは、そう簡単にできるものではない。

素人でもすぐに実感できる方法がある。
オークションでも、楽天でも、あまたある巷の指輪と、このエルメスのリングのデザインを比べてみればわかる。

指輪のデザインは、工夫できる幅が限られている。
極めて小さな空間の中に、何かを表現しなければならない。
だからこそ、その実力の違いは明確に出る。


モノには、作り手の想いや思想が込められている。
それはデザインにダイレクトに反映される。

安っぽい想いからは、安っぽいモノができる。

良いブランドは、かならず何かの主張を持っている。
それをデザインで訴えかけてくる。

受け止めきれるかどうかは、買い手のレベルも問われるだろう。


kk-vuitton

« 【基】:ヴェルサーチ VERSACE ネクタイ2 | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton 型番不明 書類入れ タイガ エピセア »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

指輪」カテゴリの記事

<エルメス>」カテゴリの記事