« 【基】:アンリ・ルソー マウスパッド | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton N45255 ナヴィグリオ »

2012年3月30日 (金)

【基】:MONTBLANC MEISTERSTÜCK マイスターシュテュック クラッシック 165 ペンシル

【サイズ】
・長さ:約140mm 最大胴軸径:約10.4mmφ 重さ:約27g
【機構】
・0.5mm芯
・ツイストメカニズム
・消しゴム付

Imgp3412l

これは、モンブランのシャープペンシルだ。

シャープペンシルというものを、あまり使わなくなって久しい。

いつから使わなくなったのだろうか...。


シャープペンシルを使い始めたのは、小学生の時だった。
細い芯が出てくるメカニズムに驚いたのを憶えている。

私が一番最初に使ったシャープペンシルは、”ぺんてる”の「Pentel 5」というペンだ。
愛称は「ケリー」。

↓「Pentel 5」
Pentel5

1971年発売のこのシャープペンシルには、鮮烈なイメージが残っている。

子供ながらに、削らずに使える鉛筆がどれほど便利なものかを実感したものだ。

以来、大学、大学院を卒業するまでシャープペンシルは、メインの筆記用具だった気がする。

おそらく何十本と使ってきただろう。


しかし学業を終えてからは、消えないペンで書くことが多くなった。
また大学時代に普及しだしたコンピュータによって、紙に字を書く必然性が薄れてきたことは確かだ。


そして最後に残ったのが、このモンブランのシャープペンシルだ。

極めてシンプルだが重厚なモンブランのマイスターシュテュックのペンシルは一生使えるモノだ。

今はほとんど出番は無いが、シャープペンシルはこれ一本あれば十分だ。


kk-vuitton

« 【基】:アンリ・ルソー マウスパッド | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton N45255 ナヴィグリオ »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

ペン」カテゴリの記事