« 【基】:DELTA デルタ アルファロメオ グランスポーツ 万年筆 | トップページ | 【詳】:山本彫金STUDIO パンタレイ・リング 万物流転 指輪 »

2012年3月 2日 (金)

【記】:フライターグ FREITAG F77 BEN デザインの輪郭

→基本記事

Imgp2835l

使い古されたトラックの幌から作られるフライターグのバッグは、その素材感に最大の特徴がある。
新品の素材では感じることの出来ない風合いがある。

そんなフライターグのバッグの輪郭だけを切り取ると、どうなるかと思いやってみた。

輪郭だけを切り取ることで、素材とは無関係な裸のデザインがあらわになる。

このF77 BENには、アルファベットの柄が入っているため、これが大きなポイントとなっている。
世界中探しても同じデザインは無い。

一方で、私はこのバッグの全体のバランスが好きだ。
なぜかバランスがいい。
縦横と厚みの関係もいい。

意図したデザインかは不明だが、ふっくらとした丸味が温かみを出している。

無機質になりがちな人工素材のバックだが、輪郭を切り抜いてみると、形のバランスが安心感と温かみを持っていることがわかる。

一方、フライターグには製品ラインのメインに”メッセンジャーバッグ”がいくつかある。
私はこのバッグの形が、どうしても好きになれない。

↓メッセンジャーバッグ
Messenger_bag

フタの部分が逆三角形のように、下の幅が狭くなっている。
ヴィトンにはみられないデザインだ。

このデザイン、どうしても安定感が無く見える。

この不安定さが、若い人には受けるのかもしれない。
バッグの性格上、動き回るイメージが強いからだ。

不安定感が、活発さを演出しているようにも思える。


まあ、あとは好みの問題だろう。

ともあれF77 BENは、デザインを裸にしてみても、良いバッグだと思う。


kk-vuitton

« 【基】:DELTA デルタ アルファロメオ グランスポーツ 万年筆 | トップページ | 【詳】:山本彫金STUDIO パンタレイ・リング 万物流転 指輪 »

バッグ」カテゴリの記事

【記】事」カテゴリの記事

デザインの輪郭」カテゴリの記事