« 【基】:DeLonghi デロンギ オイルヒーター TRN0505JS | トップページ | 【基】:ウルトラマン 科学特別捜査隊 流星型ピンバッジ »

2012年3月12日 (月)

☆【基】;EDWARD GREEN エドワードグリーン チェルシー #808

Standard_m


表記サイズ:8 1/2 ウィズ:D
インソール記載 8 1/2 9 D 808 46044

・ブランド:EDWARD GREEN(エドワードグリーン)
・モデル名:CHELSEA(チェルシー)
・カラー:CHESTNUT(チェスナット)
・ラスト:808

Imgp1198l

これは、エドワードグリーンのチェルシーだ。
ラストは202ではなく808だ。

私が最も気に入っている靴の一つだ。

履き心地などは、いまさら言うまでもないだろう。

↓ワックスなど塗らずとも、乳化クリームだけでピカピカの艶だ。
Imgp1199l

靴は男の持ちモノの中でも最も難しいモノだと思う。
特に日本人にとっては難しいモノだ。

世の中には靴好きの人がたくさんいる。
雑誌やブログなどでも綺麗な靴がたくさん紹介されている。
皆、家の中でしか履いていないように見える。
私とは少し考え方が違うようだ。


まだ私は、本格高級革靴に対して何かを語る資格がないように思える。
それは、自分自身がそれほど靴を履き込んでいないと感じるからだ。

モノは使い込んでこそ、はじめてそのモノの本質がわかるものだ。
靴はまだそこまで行っていると実感できないのだ。

それでも一旦現在の考え方をまとめてみることにした。

その人のお洒落やモノに対する姿勢を見るのに最も適しているのは、靴と時計だといわれている。

靴、特に革靴は、素人が見ても値段の差がすぐにわかるほど、価格に正比例した顔を持っている。
また、足に履き地面を歩くという過酷な環境で使うモノなので、使い方と手入れの具合が最も顕著に現れる。

少しでも手入れをおこたれば、すぐにボロボロになる。
手入れをしっかりし、長年使うとオブジェのようにもなる。

つまり靴は、その人の収入や生活、ひいては精神性までもが一瞬でわかってしまうある意味最も恐ろしいモノだ。

だからこそ、一瞬で顧客を判断しなければならない職業の人たちは靴を見て判断する。
手入れをきちっとした良い靴を履いていると、欧州ではその人の扱いが違ってくる。

欧米人と日本人の靴に対する考え方の違いも見逃せない。

欧米人は、どうやら靴は自分の足の一部だと思っているようだ。
だから朝一旦履いたら一日中脱がない。
完全に自分の体の一部分なのだ。

こうしたことから欧米では靴にまつわる逸話も多い。

おそらく生まれたときら、折にふれ靴に対する教育をされてきたに違いない。

一方で日本人はと言えば、靴は”履物”だと思っている。
もともと草履や下駄の文化だ。

だから頻繁に脱ぐものだとも思っている。
10万円を超える高級革靴を履いていても、安い飲み屋の座敷に上がるときには靴を脱がなければならない。

日本人が本格的に靴を履くようになったのは、たかだか戦後になってからだ。

これくらい欧米と日本では、靴に対する考え方が違う。
なのに、靴だけをそのまま輸入しても、靴文化は輸入できない。

自分で、本格的な高級革靴を履いてみると分かることがある。

例えばソールだ。
基本はレザーソールだが、これは日本では合わない。
もともと欧州の石畳用に発達したソールだ。
レザーソールは雨に弱い。
滑るし、すぐにカビが生える。

私は雨の日は絶対にレザーソールの靴は履かない。
どんなに頑張っても滑って転びそうになる。
危なくて履けない。
冗談ではなく、命の危険すら感じる。
電車のホームで滑ったら...。

日本では一年の1/3が雨だ。
本格的な高級革靴は決して実用的ではない。

落合正勝氏のように、良い靴ほど雨に強いということも言えるだろう。
しかしそれはあくまで革靴どおしの比較だ。

ラバーソールの方が圧倒的に実用性が高いのは確かだ。


また都会の通勤ラッシュで履いたら、踏まれてボロボロになる。
勇気があったら10万円を超える靴を通勤ラッシュで履いてみると良い。
たちまちアッパーが擦り傷だらけになる。
アッパーの傷は修復不能なので、何年も使い続けることが難しくなる。

結局日本では、運転手付きの役員クラスでないと本格高級靴を毎日履くことは難しい。

私自身も結局、利用頻度が低くなってしまっている。

日本の靴好きの人の靴が妙に綺麗なのも、”自分の足”になるほど履いていないからだろう。

しかし、靴とは魅力的なモノだ。

まず素材がいい。
高級な革を使用している。
たっぷりとパティーナが出る。

手入れも楽しい。
たっぷりと時間を掛けて楽しむことが出来る。
手を掛けただけの手ごたえもある。

デザインも豊富で選ぶ楽しみもある。

奥の深いモノだけに、まだその入り口にしか立つことができていない。


服装を揃えるときに、まず靴から選べと言われる。
しかし最後もやはり靴だろう。

イタリアでも上着を選ぼうとすれば、どの靴に合わせるか聞かれる。
やはり基軸は靴だ。

最初から最後まで、一本の軸を通すなら靴がそれになることは間違いないだろう。


靴が本当にわかる頃には引退しなければいけない歳になっているかもしれない。

私も色々な靴を履いてみたが、今はエドワードグリーンがあればそれでいいと思うようになった。

エドワードグリーンを10足揃え、普段履きにするために、年収を一桁上げることを真剣に考えている。

チェルシーが自分の足になるほど履きこんでみたいものだ。


kk-vuitton

« 【基】:DeLonghi デロンギ オイルヒーター TRN0505JS | トップページ | 【基】:ウルトラマン 科学特別捜査隊 流星型ピンバッジ »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

【基】軸モノ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事