« 【記】:日本人とサングラス | トップページ | 【詳】:RIMOWA TOPAS BOARD CASE リモワ トパーズ ボードケース ルフトハンザモデル »

2012年1月27日 (金)

【基】:Sermoneta gloves セルモネータ グローブス グローブ

Imgp5258l

イタリアを訪れると必ず買ってくるものの一つにグローブがある。
革製品の本場だけに、イタリアには良いグローブがたくさんあるからだ。

これは、セルモネータ・グローブスで10年以上前に買ったモノだ。


セルモネータ・グローブス(Sermoneta gloves)は、1964年ローマ創業のグローブ専門の老舗ブランドだ。

ローマのスペイン広場近くにお店がある。

Shop_sermoneta_2



大きな地図で見る


お店に入ると、店員さんが顧客の手を見て、すぐにサイズを特定する。
そして、数点のお勧め品を出してくれる。

色やライニング(裏地)の希望を言えば、希望に合ったものも見せてくれる。


私は、当時ドライブ用にライニングなしのものが欲しかったので、それを伝えた。
すると数点のお勧め品を並べてくれた。

シンプルにブラックを選択した。
とてもリーズナブルな価格だったように記憶している。

創業したのは、ジョルジオ・セルモネータ氏だ。

Sermoneta

創業当時から手作りにこだわっている。
セルモネータ・グローブスでは、26の行程があるようだ。

使ってみてわかるのだが、革のナメシが良いのだろう、10年を過ぎても全く痛んでいない。

Imgp5259l

ナメシ(鞣し)とは、皮が腐ったり硬くなるのを防ぐための工程のことだ。
つまり動物の生の”皮”を、”革”にする作業だ。

皮の本体であるコラーゲンという蛋白質に、ナメシ剤を作用させて結合させるのだ。
非常に手間がかかる工程であり、革製品の品質を決定する重要な作業だ。

これがいい加減だと、製品になったとき革が硬かったり、耐久性が低かったりする。

安物の革製品は、10年を越えるとボロボロになってしまうことがある。

セルモネータ・グローブスの品質は確かなモノだ。

ライニングなしの薄手のグローブは、モノを握っても扱いやすい。
Imgp5264l


Imgp5268l


モノは、10年使ってみると本当に良いモノかどうかわかる。

新品の時にどんなに綺麗でも、10年使うと化けの皮が剥がれるものだ。

「一部の人たちをずっと騙すことや、
全ての人たちを一時期騙すことはできるが、
すべての人たちをずっと騙すことはできない。」

”You can fool some of the people all the time
and all the people some of the time,
but you can't fool all the people all the time.”

と言ったのは、アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンだ。


この言葉は、モノづくりにもそのまま適応できる。

Imgp5262l

10年、20年と長く使い続けられるモノは、人を騙さないし、裏切らない。

それは、作り手の気持ちが込められているからだろう。


kk-vuitton


« 【記】:日本人とサングラス | トップページ | 【詳】:RIMOWA TOPAS BOARD CASE リモワ トパーズ ボードケース ルフトハンザモデル »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

グローブ」カテゴリの記事