« 【記】:レイバンについて | トップページ | ☆【基】:ボシュロム レイバン メタル アビエイター(Aviator) サングラス »

2012年1月19日 (木)

【基】:BICO THE FISH ペンダント

Code:E57
Name: THE FISH
Meaning:FRIENDSHIP & SENSITIVITY

Material:Pewter
Coating:Silver
Size:H36xW13xT3.5

Imgp2616l


これもBICOのフィッシュボーンペンダントだ。

↓これより小ぶりのペンダントだ。
BICO FISHBONES ペンダント


Imgp2617l

このペンダントにも意味がある。
”友情と感受性”だそうだ。

なぜフィッシュボーンモチーフにこの意味が付加されているかは不明。
だが子供の頃からフィッシュボーンモチーフが好きだったので、未だに魅かれるものがある。

なぜ魅かれるかはよくわからない。
どこか愛嬌があるからかもしれない。

前世で食べ物に困って、魚の骨を持ち歩いていたのかもしれない。

+++

20年近く前に、『前世療法』という本を読んだのを思い出した。

米国の精神科医が、退行催眠療法によって精神障害の原因を追跡、治療中に偶然発見された療法だったと記憶している。

通常、様々な精神的トラウマが引き起こす障害は、その原因が幼少時の出来事に起因することが多い。
そのため退行催眠を掛け、その原因を突き止めることによって、治療方法を見出す療法がある。

しかしある患者の幼少時までの経験に、現在の障害の原因が見出せず困っていた。
そのとき、偶然患者が胎児の記憶を超えて前世の記憶を話し出したことがきっかけとなった。

その後、数多くの被験者に同様な現象がみられ、様々にデータが集められた。

賛否両論あるのは当然だろう。

しかし、生まれ変わりや前世の存在を科学的に議論、検証するきっかけになったことは事実だ。
しかも、きっかけとなった当の精神科医は、こうした世界に踏み込む意図がなかった人物だというところが面白い。


”何かが無い”という証明をすることはほとんど不可能に近い。
”有る”という証明は、一つでも実例があればよいが、”無い”ことの証明は条件が無限に出てくるからだ。
これは「悪魔の証明」と言われている。

前世やあの世が”無い”ことを証明できた人はいない。
一方で、こうした多くの事例はその存在をおぼろげながら感じさせる。

私は”有る”に賭けたい。

その方が生命存在としての可能性が増えて楽しいからだ。
楽観に過ぎるだろうか。

+++

くだらないことだが、フィッシュボーンのモチーフが好きなのは何故か?

私のモノにこだわる今世は、前世の何に由来しているのだろうか?

生きている人間に、前世は何故秘されているのだろうか?

疑問は尽きない。


kk-vuitton

« 【記】:レイバンについて | トップページ | ☆【基】:ボシュロム レイバン メタル アビエイター(Aviator) サングラス »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

ペンダント」カテゴリの記事