« 【記】:ヴェネツィアの仮面 組み合わせ | トップページ | 【基】:ジョルジュ・ルオー Christ »

2011年12月24日 (土)

【基】:天使の置物

Made in Spain
left-and-right pair

Imgp2820l


Imgp2824l

これは居眠りをしている子供の天使の置物だ。
左右一対で棚などに置く。

置いた棚の端から天使の手がはみ出しているところがかわいい。
また背中の羽根の部分がリアルな造形で、本当に天使が舞い降りたようだ。

Imgp2830l


Imgp2828l

天使は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教における、神のみ使いとしての霊的な存在だ。
つまり神々と人間の中間的な存在だ。

天使長ミカエルを筆頭とした7大天使が最も有名だが、本来成人した男性のイメージだった。

しかし天使のイメージが通俗化するにつれ、近世以降、無垢な子供の姿や女性的な姿、やさしい男性の姿を取って表現されるようになった。


私は子供の天使といえば、いつもラファエロの絵画の中に登場する天使を思い出す。
たとえば、『システィーナの聖母』に描かれた天使だ。

↓絵の下の部分に二人の天使が描かれている。
Photo

↓なぜかつまらなそうな、ふてくされた感じの天使だ。
Photo_3

このラファエロの絵は、全体の絵よりこの天使の部分だけが有名になっている。
この部分だけを切り出して額に入れている複製商品もあるくらいだ。


無垢な子供は、見ているだけでも天使を感じさせる。
だから子供の天使が登場したのだろう。

しかし一方で、子供のいたずらっぽい人間的な側面が、逆に子供の天使象にフィードバックされている気がする。
人間的な子供の天使があちこちでいたずらをしているイメージだ。


クリスマスイブの今夜は、こんな天使もきっと忙しいことだろう。
あちこちに舞い降りては、幸福といたずらを振りまいているかもしれない。

このオブジェのように寝てはいられないだろう。


kk-vuitton

« 【記】:ヴェネツィアの仮面 組み合わせ | トップページ | 【基】:ジョルジュ・ルオー Christ »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

オブジェ」カテゴリの記事