« 【記】:ギターで弾く楽曲5 Rodrigo y Gabriela "Tamacun" | トップページ | 【基】:伊東屋 一本差し ペンケース »

2011年12月20日 (火)

【基】:キブリ kibri Z 6780 家屋2 ストラクチャー

Imgp3031l


これも、Zゲージの小さなストラクチャーだ。
キブリ kibri Z 6782 家屋1と同じシリーズ。


Zゲージのストラクチャーの組み立ては、本当に骨が折れる。
部品が極端に小さいからだ。

ニッパーで切り離すだけで、失敗するとどこかに飛んでいって紛失してしまう。
一旦部品が無くなったら、見つけ出すことはほぼ不可能だ。

コンタクトレンズを落として見つけた経験のある人はわかるだろうが、床に落ちた小さな物を探すのは大変なことだ。
踏んだら潰れてしまうし、探そうと色々すると余計わからなくなる。

Zゲージには、そのコンタクトレンズより小さな部品が沢山ある。
そんな部品は、切り離すときだけでなく、接着剤を塗るときや、部品同士を組み合わせるとき、位置を補正するときなど、その小ささゆえの困難さが付きまとう。

まあその困難さも楽しみの一つなのだが...。


↓マッチ箱のような家とはまさにこのことだ。

Imgp3056l

+++

人間とはまことに面白い生物だ。
自分自身でわざわざ困難を作り出して楽しんでいる。

ジグソーパズルなどもその典型だろう。
もともと完成している絵を、わざわざバラバラにして組み立てなおすのだから。

自分で作り出した困難を、自分で乗り越えて達成感を喜ぶ。
この”矛盾”が人間の本質かもしれない。


もしかして、ヒトの人生そのものも同じような構造になっているのかもしれない。
生・老・病・死,愛別離苦,怨憎会苦,求不得苦,五蘊盛苦。
四苦八苦はパズルや模型のバラバラなピースなのか。

その困難を乗り越え、人生を組み上げたときに、どんな達成感が待っているかは、人それぞれ違うのだろう。

小さな模型も人生の縮図だ。


kk-vuitton


« 【記】:ギターで弾く楽曲5 Rodrigo y Gabriela "Tamacun" | トップページ | 【基】:伊東屋 一本差し ペンケース »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

ストラクチャー」カテゴリの記事