« 【基】:フランチェスコ・ルビナート francesco rubinato シーリングスタンプ 青い炎 | トップページ | 【基】:梵字の額 »

2011年12月30日 (金)

【比】:HERMES シェーヌダンクルブレスレット

Imgp2545l

【比較】**********************
HERMES シェーヌダンクルブレスレットTGM

HERMES シェーヌダンクルブレスレットGM
****************************

エルメスのシェーヌダンクル ブレスのサイズは、大きい方からTGM・GM・MM・PM・PPMの5つある。
私は、TGMとGMを愛用している。
この二つを比較してみる。

↑上の写真の上側がTGM、下側がGMだ。

駒のサイズが微妙に違うが、全長はほぼ同じ。
私の手首周り実寸17cmに合わせた長さだ。

コマ数は、TGMが12コマ,GMは13コマ。


↓左がTGM、右がGM。
GMの方が全体に華奢な感じだ。
Imgp2542l

↓コマの大きさだけでなく、左右端の金具の大きさも異なる。
リング金具は、TGMの方が太く、直径も大きい。
Imgp2541l

↓留め金具も同様にTGMの方が太く大きい。
Imgp2540l


そして実は見た目だけでなく、着けた感じもかなり違う。

TGMは明らかにゴツく、かなり体格の大きい人でないと合わない。
私は身長が180cmと比較的大きいため、なんとかTGMでも着けられる。

だが本来は、外国人の太い腕の方が似合うのかもしれない。

またTGMはゴツい分、カジュアルな感じになる。
しかしゴージャスな雰囲気が出るのはTGMだ。

一方、GMは男性ならほぼ誰でも合うのではないだろうか。
通常のチェーンブレスよりは太目になるが、慣れてしまうとこのくらいのサイズでないと寂しさを感じる。

私はビジネスでもGMをさり気なく着けている。

さらにこの二つのブレス、実は”音”が全く違う。

シェーヌダンクルは、もともとデザイン的にコマが太めだ。
そのため着けていると腕を動かすごとに、コマがぶつかり合ってカラカラと良い音がする。


その音が、GMは丁度心地よい音を出してくれる一方、TGMは少し太めの重い音がする。
私はGMの軽やかな音が好きだ。
いつも右手にこのブレスをしているが、右手を振る癖が付いてしまった。

使用頻度は圧倒的にGMの方が多い。
GMは軽快で着け心地が良いからだ。

それでもTGMをすると、なんとなく気分が高揚する。
シルバーの重いブレスレットは、それを着けることによって、気分のギアを一段上げることができる。

船の”錨の鎖”をモチーフにしたシェーヌダンクル ブレスは、”絆”を象徴する。
どちらのブレスも、今では私にとって、無くてはならないモノになっている。


kk-vuitton

« 【基】:フランチェスコ・ルビナート francesco rubinato シーリングスタンプ 青い炎 | トップページ | 【基】:梵字の額 »

ブレスレット」カテゴリの記事

<エルメス>」カテゴリの記事

【比】較アイテム」カテゴリの記事