« 【詳】:Louis Vuitton N58022 コンピューター・スリーブPM | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton M62698 アノクレ キーホルダー »

2011年11月19日 (土)

【基】:XEMEX ゼメックス AVENUE アベニュー

Reference No. 2005
本体・ブレスレット:ステンレススチール サファイアクリスタル
31x34.5x8.9mm
バックスケルトン
Automatic ETA 2892-A2
No Date
Water Resistance: 30 m

デザイナー:ルーディ・クーリン

Imgp0226l

XEMEX(ゼメックス)という時計ブランドは、1994年にグラフィックデザイナーとして著名なルーディ・クーリンによって創設された。

「形は機能から自ずと生まれる」というデザインコンセプトに基づき、世に送り出されてきた時計たちは、シンプルだが独特なデザイン性と主張を持ったモノだ。

工業デザイン系の時計を探せば、必ず一度はこのXEMEXというブランドに行き当たるはずだ。

このスクウェアータイプは、アベニューというシリーズだ。
私の保有しているものは、ごく初期型のものなので、文字盤も機能も原初的でシンプルなデザインだ。

今では、スモールセコンドがついたものや、日付が付いたものなど、文字盤がにぎやかになっている。
しかしゼメックスは、シンプルな初期型モデルが一番いい。

デザインの特徴の一つは、赤く矢印の形をした秒針だ。
これが黒い文字盤を背景にしてカチカチと動き回る様子は、なかなか愛嬌がある。

長針と短針は白で、中空構造になっていて真ん中から文字盤が透けて見えるのが特徴的だ。

こうしたダイヤルのデザインを、しっかりしたステンレススチールで、四角に取り囲んだのがアベニューだ。

ブレストの繋ぎには4つのラグがあり、スクウェアーなデザインを強調している。
またこのラグは可動式になっていて、このことが装着感を高める要因にもなっている。

腕につけてみると、カルティエのタンクフランセーズベンチュラなど同じスクウェアー系の時計より若干大きめだ。

それでも4隅のラグが斜め下に動き、ブレスを下に誘導していることによって、全体が腕に沿うように巻きつく感じが装着感を良くしている。

Imgp4410l

実はこの時計、欲しいと思ったのにはきっかけがあった。

もう10年ほど前になるだろうか、ある世界的企業の著名な経営者の方と膝詰めで半日ほどお話しする機会があった。

私はその方と経営談義をしつつも、実は時計が気になって仕方なかった。

そのとき、その方がしていた時計は、スクウェアーで文字盤が黒、ブレスは黒の皮製だった。
凄くシャープで格好良く見えた。
そして工業デザイン系のモノを使いこなすセンスの良さが感じられた。
もちろん服装やメガネといった他のアイテムとの相性はバランスも抜群だった。

IT系の経営者でありながら、自らデザイナーのような雰囲気を持った方だった。

その後、私はその時計がどこのブランドだったか調べたが分からなかった。
そして最終的にたどりついたのが、このゼメックスのアベニューだった。

その経営者の方がしていたのが、この時計だったのかどうかはわからない。
だが雰囲気はまさにこの時計と同じだった。

日本ではゼメックスは手に入りにくい。

以前は正規代理店が、全国の時計店に卸している時代もあった。
しかし一時撤退をして以来、今どうなっているかはよくわからない。

最近、国内の時計店では、ゼメックスが展示、販売されているのを見かけたことがない。

現在の正規代理店は、”ぜん”なのだろう。
しかし取り扱い店舗は極めて少ないのではないだろうか。

価格的にはそう高い時計ではない。
しかし逆に安い時計でもないので、中途半端で販売しにくいのかもしれない。

デザインも、造りも、質感も良い。
日本の時計メーカはよく研究して欲しいものだ。


kk-vuitton


« 【詳】:Louis Vuitton N58022 コンピューター・スリーブPM | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton M62698 アノクレ キーホルダー »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事