« 【詳】1:ゼロハリバートン エリートシリーズ E4 - ELITE Series E4 | トップページ | 【基】:デルタ DELTA Dolcevita Stout ドルチェビータ スタウト 万年筆 »

2011年11月 6日 (日)

【基】:フォルマー VOLLMER HO 3842 本屋

Book Store
L100×B85×H135mm

Imgp3017l

これは初めて作ったストラクチャーだ。

なぜストラクチャーを作ってみようと考えたか思い起こしてみた。

ストラクチャー作成より前から、1/87スケールのミニカーを集めていた。
とても小さなミニカーだ。

Imgp4397l

小さいくせに、かなり精巧な造りなのだ。

Imgp4394l

→残念ながら、膨大なこのミニカーは、全くの未整理だ。


この極小ミニカーを調べているときに、その背景によく登場したのが鉄道模型のストラクチャーだった。
サイズは、HOが1/87でミニカーと同じだ。

欧州、特にドイツやフランスを中心としたこれらの模型は精巧で、子供の玩具とは一線を画すモノだった。

もともと鉄道模型の情景用だが、車のディーラー店舗などのキットも数多くあり、ミニカー用の背景として作ってみようと考えた。


そこで手始めに部品点数の少なそうなこのキットを組み立ててみたのだ。

Imgp3020l

しかし初めて作るには少し手が込んでいるキットだった。

外壁もただの四角い壁を4面合わせただけではなく、前面のアーチや背面の飛び出し構造など複雑だった。
屋根も2つの棟が組み合わされ、組み上げるのに苦労した。

さらに、書店ということで、内装なども手が込んでいた。

Imgp3019l

それでも最終的に大きな失敗もなく完成した。
各部品の合わせもうまくいっているし、接着剤のはみ出しもない。

模型そのものの精度の高さは、組み立ててみてはじめてわかるものだ。
いくつもの部品を合わせた時に全て狂いがなく組み上げられるかがキットの完成度を表す。

フォルマーのキットはどれを作っても、その精度はかなり高い。
さすがドイツといったところだ。


いずれにしても、このキットの組み立て成功に味をしめ、このあとストラクチャー作成にはまってしまった。

人は形は違えど、常に何かクリエイティブなことをしていたいと思うものだ。
その欲求の一旦は、こうした趣味でも満たされる。

無意味に思える模型作成が、実は人生の色々なバランスを保つのに役立っているように思う。

また少し長い休暇の時には、少し部品点数の多いものに挑戦しようと考えている。


kk-vuitton

« 【詳】1:ゼロハリバートン エリートシリーズ E4 - ELITE Series E4 | トップページ | 【基】:デルタ DELTA Dolcevita Stout ドルチェビータ スタウト 万年筆 »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

ストラクチャー」カテゴリの記事