« 【基】:超小型 ブロッター | トップページ | 【基】:Gianni Versace ジャンニ・ヴェルサーチ メデューサ リング »

2011年10月18日 (火)

【基】:Cartier TANK FRANCAISE タンクフランセーズ LM

ムーブメント 自動巻き(オートマチック)
カラー 文字盤:シルバー
ケース:シルバー
ベルト:シルバー
素材 ステンレススティール、サファイアガラス
防水 日常生活防水
サイズ フェイス直径ヨコ約28mm×タテ約32mm(リューズ除く)
厚さ約8mm、重さ約105g、
ベルト幅約19mm
腕周り約12cm~約19.5cm
仕様 カレンダー機能(日付)

Imgp0213l

カルティエの腕時計、”タンク”の歴史は古い。

カルティエ家中興の祖、3代目ルイ・カルティエが戦車の轍の美にインスピレーションを受けて1917年にデザインしたのが最初だ。
実際のデザインのもとは、第一次大戦下のルノー製戦車の平面図だとも言われている。

そして1919年には市販モデルが発売された。

時代は下り、このタンクフランセーズは1996年に発表。
パシャCと同期だ。

この20世紀最後の時期に、21世紀まで残るデザインがまとめて発表されたことになる。

---

この時計のデザインは不思議だ。
ケース全体から受ける印象は長方形だが、文字盤は正方形だ。
印象の異なる四角形が見事に融合した傑作だ。

またケースの上下が斜めにカットされており、それまでのタンクの四角い印象から一歩踏み出した躍動感を感じる。

鏡面仕上げの部品とヘアライン仕上げの部品の組み合わせが絶妙で、それはケース本体からブレスまで続いている。

そして文字盤だ。
この文字盤のデザインは角型時計のスタンダードであり、時計の歴史を貫く普遍性を内在していると言っても過言ではないだろう。

---

タンクフランセーズのサイズは3つある。
小さいほうから、SM,MM,LMだ。

SMとMMは2針で、ムーブメントがクォーツだ。
LMだけが3針機械式ムーブメントを採用している。

私は迷わずLMサイズにした。

大型時計が主流である今では、このLMサイズでもかなり小さいほうだ。


最近の腕時計の無節操な大型化は、少し品がなさ過ぎる。

このタンクのサイズでも、デザイン次第でこれだけの存在感を出せるのだ。
ただ大きくすれば良いのなら、デザインの工夫などいらない。


タンクフランセーズ、凛とした気品を備えた貴婦人のような時計だ。
20世紀の遺産として大切に使い続けていこう。


kk-vuitton

« 【基】:超小型 ブロッター | トップページ | 【基】:Gianni Versace ジャンニ・ヴェルサーチ メデューサ リング »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事