« 【基】:ナバホ族 Chester Benally(チェスター・ベナリ) 指輪 | トップページ | 【詳】2:Louis Vuitton N53355 ポルト オルディナトゥール サバナ »

2011年9月 6日 (火)

【基】:pierre cardin パンサー ネクタイ

Imgp2999l

これは、ピエール・カルダンのネクタイだ。

私の持ちモノの中では珍しいブランドだ。
ピエール・カルダンのモノは、ほとんど所有していない。

それでもこのネクタイだけは、10年前ショップで一目ぼれして購入した。

Imgp3001l

ブルー系の涼しげな地に、パンサーの白いシルエットが小紋としてあしらわれている。
パンサーといえば黒豹が好きだが、白いシルエットが新鮮だった。

Imgp3004l

上質なシルクが使われているためか、閉め心地がすこぶる良い。

---

ピエール・カルダン(Pierre Cardin:1922年~)はフランスのファッションデザイナーだ。
カルダンがディオールの弟子だったことはよく知られている。
しかし、それより有名なのはライセンスビジネスの第一人者ということだろう。

ブランドの使用権を他者に付託し、ライセンス料を徴収するというビジネスは、今に至っては極めて評判が悪い。
ブランドマークを貼り付けるだけで、価格が何倍にもなるというブランドビジネスの印象を世界に広めたからだ。

シーツ、スリッパ、タオル、カーテン、あらゆるものに”P”マークが入っていた時代があった。

しかしブランドの広がりを制御しきれず、最後はブランドの魅力そのものが薄まってしまい、その価値を斜陽化させていった。
一言で言えば自滅だ。

価値というものは、一定の範囲内で成立するものだ。
その範囲を制御するのが極めて難しい。


だが、そんな荒波を乗り越え、未だにピエール・カルダンは存在している。
ピエール・カルダン ジャパン

ピエール・カルダン氏本人も、20世紀最後の巨匠と呼ばれ、90近くになった現在もその活動を停止したとは聞いていない。

2010年には創立60周年のファッションショーに登場している。
若いころよりずっとカッコいいと思うのは私だけだろうか。

Pierre_cardin1

氏の真骨頂は、やはりオートクチュールの天才的デザインセンスだろう。
そこから誰よりも早く、プレタポルテに踏み出したのも氏の先見性によるものだろう。

いずれにしても魅力的な人物だ。


kk-vuitton

« 【基】:ナバホ族 Chester Benally(チェスター・ベナリ) 指輪 | トップページ | 【詳】2:Louis Vuitton N53355 ポルト オルディナトゥール サバナ »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

ネクタイ」カテゴリの記事