« 【記】:指輪の組み合わせ1 | トップページ | 【基】:LOEWE ロエベ 扇子 ピンク(柄) »

2011年8月 4日 (木)

【記】: BlackBerry 新旧

Imgp3203l


Imgp3206l


左:BlackBerry Bold 9000

右:BlackBerry Bold 9780

黒苺の新旧を比較してみた。
外観は、新黒苺(9780)の方が一回り小さい。

旧黒苺(9000)は、やはり普通の携帯電話に比べると大きく重い印象があった。

新黒苺は、かなり普通の携帯電話に近づいた感じだ。
手に持ってもしっくりくる。

---
新黒苺を設定しようと思い、まず驚いたのはメールだ。
旧黒苺では、PCのメールを含め4つのメールアカウントを受信していた。
端末を新しくしたので、また一つずつ登録すると思い込んでいたのだが...。

なんと自動で以前の設定を取り込んでくれ、メールボックスのアイコンがすぐに4つ現れた。
(逆に旧黒苺では、4つのメールアイコンが消えた。→写真)
よく考えれば、BISに入っているのだから当たり前といえば、当たり前だ。
POPメールなどの制御を行っているのは、RIMのサーバーなのだから。
ある意味クラウドだ。

ちなみに、BISとは、BlackBerry Internet Service(ブラックベリーインターネットサービス)だ。
これがあるから、黒苺が手放せないのだ。

---
一番心配だったのは、全体の大きさが一回り小さくなったことによる影響だ。
画面は、小さくなったが高精細になったため、逆に見やすくなった。

キーボードは、少し覚悟していたのだが、思ったほど違和感がなく、問題なく打てる。
もともと私より手が大きい外人がガンガン打っているのだから、これも当たり前かもしれない。
しかし黒苺のキーボードは、なぜこんなに小さいのに打てるのだろう?

黒苺を使う最大の理由の一つであるキーボードが使いやすくて安心した。

---
ポインティングが、旧黒苺はトラックボールだった。
新黒苺のトラックパッドの使い心地も気になっていた。
実際使ってみると、すこぶる快適だ。
トラックボールより、動きが機敏で、かつ繊細な動きに追従してくれる。

---
新黒苺は、OSも新しくなっている。
新OS BlackBerry® 6だ。
印象としては、これも使いやすく改善されていて合格だ。

-----

デジモノは日々進化する。
新旧比較してみると、やはり新しいものの方が良くなっている。

”モノの世界”は、移り変わりの激しいさに、あまり一喜一憂したくないと思っている。
それでなくても、日々の仕事は激動なのだから。

それでも、デジモノだけは仕方がないとあきらめている。


kk-vuitton

« 【記】:指輪の組み合わせ1 | トップページ | 【基】:LOEWE ロエベ 扇子 ピンク(柄) »

【記】事」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事