« 【記】: BlackBerry Bold 9000 引退! | トップページ | 【基】: BlackBerry Bold 9780 »

2011年7月23日 (土)

【記】:大英博物館 古代ギリシャ展 2011年

Imgp3104l

『大英博物館 古代ギリシャ展』に行ってきた。

公開されてまもなく、平日に仕事を早く切り上げて行った。
それでも、展示会場内はかなりの人で混雑していた。


場所は上野の”国立西洋美術館”だ。
Imgp2979l

アクセスの便がよく、港区の職場からも比較的近い。
ただ、つくりの古さは否めない。

本館(ル・コルビュジエ設計)が1959年、新館(前川國男設計)が1979年と年代ものだ。
今回の展示は、企画・特別展専用展示室で行われた。
ここは1997竣工したようだが、地下ということもあり、空間の狭さが気になった。

美術館の表には大きな看板が出ている。
Imgp2977l

美術館正面。
Imgp2974l

本館入り口横。
Imgp2972l

企画・特別展専用展示室(地下)に降りる入り口。
Imgp2969l

-----
肝心の展示会場内は撮影禁止のため、残念ながら写真は無い。

欧米の美術館では、フラッシュは禁止だがカメラ撮影ができるところが多い。
こうした企画展示でも撮影させてもらえるとよいのだが。


内容は素晴らしいの一言だ。
今回の展示数は135点だが、その迫力には圧倒された。

ところが、大英博物館の収蔵点数は800万点を超えるとされ、「ギリシャ・ローマ」部門だけでも10万点以上あるようだ。
大英帝国時代から世界中の美術品を集めたものだろう。
空恐ろしくなるほどの規模だ。

残念ながら大英博物館には実際に行ったことがない。
以前ロンドンに行ったときに立ち寄ればよかったと後悔している。

-----

今回は、絵画ではなく彫刻がメインなので、グッズも欲しいものがたくさんあり、収穫が多かった。
美術品のレプリカが好きなので、今回のグッズはかなりうれしい。

展示品の具体的感想は、このグッズの整理とともに記述する。

-----

パンフレット類
Imgp3109l

①円盤投げ(ディスコボロス)の豪華フィギュア
Imgp3141l

②公式カプセルフィギュア全6種
Imgp3155l

③その他
Imgp3112l

-----

こうした美術品をいつでも見ることができる欧州の環境は、とても羨ましく感じる。
やはりヨーロッパの各都市に、1年ずつくらい住んでみたいと思ってしまう。


kk-vuitton

« 【記】: BlackBerry Bold 9000 引退! | トップページ | 【基】: BlackBerry Bold 9780 »

【記】事」カテゴリの記事

絵画,美術関連」カテゴリの記事