« 【基】:ROSETTA STONE マウスパッド | トップページ | 【基】:HERMES 手帳 »

2011年5月20日 (金)

【基】:CASIO G-SHOCK FROGMAN DW-8200

Imgp0235l

これは、ごく普通のG-SHOCK フロッグマンだ。
限定品でも、特別仕様でもない。

型としては第2世代になる。


私は、G-SHOCKのコレクターでもなければ、特に詳しいわけでもない。
ただ、このフロッグマンのデザインには魅せられた。

まず特徴として、非対称のデザインが新鮮だ。
G-SHOCKのような大きな時計をして、手首を動かすと、手の甲に時計が当たって邪魔になる。
このフロッグマンは、これを避けるため、円形の時計ケースを左にずらした非対称設計を採用した。


特にこの第2世代のデザインは絶品だ。

第1世代のものは、ケース全体がウレタン素材でできているが、どこか安っぽさが出るデザインだった。
これに対して、第2世代はベゼル(文字盤周りの部分)に金属が採用されている。
私の所有するモノはチタンでできている。

この金属ベゼルの採用により、全体に重厚感が出るとともに、デザインのバランスが格段に良くなった。

文字盤も極めてシンプルで何年使っても全く飽きない。


フロッグマンのシリーズは、その後様々に変遷し、現在は第5世代だろうか。
タフソーラーや電波時計などの最新機能を内蔵している。

デザインの変遷は、いずれも第1世代と第2世代のどちらかを継承しているように思える。
またそれぞれ、色々な限定仕様が出たが、形としてはやはりこの第2世代が一番良い。


このフロッグマン第2世代のデザインは、数あるG-SHOCKの中でも最も優れていると思う。
第2世代でこれだけデザイン完成度を上げてしまったため、その後の開発には苦労したに違いない。


10年を越えて使い続けても飽きない時計が、日本性の安価な製品の中に存在するということは、ある意味奇跡かもしれない。

しかし、そろそろ電池が切れてもよいはずなのだが、いまだに動き続けている。


----メーカー説明-----
DW-8200-1A   生産終了  1995年6月発売

スキューバダイビングにも使用できるISO規格に準拠したG-SHOCKの200m潜水用防水仕様の2代目「FROGMAN(フロッグマン)」。
軽量で錆びにくいチタンを初めて採用した、丸型の非対称ケースに、ELバックライトも搭載。ダイビング機能やログデータメモリーなど、機能も充実しました。裏蓋には潜水ガエルのモチーフが刻印されています。

● 耐衝撃構造(ショックレジスト)
● スクリューバック
● ISO準拠200m潜水用防水
● ダイビング機能(潜水時間:計測範囲23時間59分59秒、表示単位1秒、インターバルタイム:計測範囲23時間59分(59秒)、表示単位1分)
● ログデータ(潜水開始時刻、潜水時間)を1本メモリー
● ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
● タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1/10秒単位で計測、オートリピート)
● マルチアラーム3本、時報
● フルオートカレンダー
● 12/24時間制表示切替
● ELバックライト(残照機能付き)
● 精度:平均月差±15秒
● 電池寿命:約2年
----------

kk-vuitton

« 【基】:ROSETTA STONE マウスパッド | トップページ | 【基】:HERMES 手帳 »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事