« 【記】:デジモノ トレンド | トップページ | 【基】:HERMES レザーベルト リバーシブル③ »

2011年4月24日 (日)

☆【基】:Leatherman Wave マルチツール

Standard_m

17 tools including wire strippers and diamond-coated file
One hand access to two locking blades
Weighs only 8 ounces
Leather sheath
25-year guarantee

サイズ:102×33×19mm(収納時)
160×48×19mm(プライヤー使用時)
重量:230g
材質:100% ステンレススティール

Imgp2103l

これは、レザーマンのマルチツールの代表的モデルだ。
かなり前に購入したものなので、最新モデルではない。
機能は以下の通り。

・ニードルノーズプライヤー
・レギュラープライヤー
・ワイヤーカッター
・ハードワイヤーカッター
・クリップポイント ナイフ(刃渡り約6.8cm)
・波刃ナイフ
・ノコギリ
・木工/金属用ヤスリ
・ダイヤモンドヤスリ
・ハサミ
・マイナスドライバー(大)
・マイナスドライバー(中)
・マイナスドライバー(小)
・マイナスドライバー(極小)
・栓抜き/缶切り
・ワイヤーストリッパー
・ヒモ取付リング

マルチツールと言えば、ビクトリノックスやウェンガーといったスイスメーカが有名だ。
両社はもともとアーミーナイフを作るナイフメーカーだ。
マークも似ていて区別がつく人はほとんどいないのではないだろうか。
そう思っていたら、2005年にビクトリノックスがウェンガーを買収した。
ブランドそのものは残しているようだ。

一方この、レザーマンは米国のナイフメーカーだ。
本格的なプライヤーが付いているのが特色。
これがかなり使える。
Imgp2099l

また米国防総省が制定した軍用調達規格=MIL規格(Military Standard)を満たす強度を持っている。
そのためか、ビクトリノックスなどと違ってオールステンレス製で、重さもある。
本格的ツールだが、その分携帯性は損なわれる。
私は車に常備している。

Imgp2097l

マルチツールは、様々なツールが一体になっている分、それぞれのツールの使いやすさは犠牲になっている。
ハサミを使おうと思っても、引っ張り出すだけでひと苦労だ。
ナイフなどは、引き出すときに自分の手を切ってしまいそうになる。
そんな中でもレーザーマンのマルチツールは、比較的安心してそれぞれのツールが使える。
ただ付いているだけのオマケ的なものではなく、きちっとツールとして使用に耐える。

こうしたマルチツールは、いざという時に備えて用意しておきたいモノだが、都会暮らしではいざという時はめったに来ない。
今回の震災でも出番はなかった。
直下型地震でも来た場合は必要になるかもしれない。

レーザーマンのマルチツールが一つあると、とりあえす安心だ。


kk-vuitton

« 【記】:デジモノ トレンド | トップページ | 【基】:HERMES レザーベルト リバーシブル③ »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

【基】軸モノ」カテゴリの記事

ツール」カテゴリの記事