« 【基】:Cartier パシャC | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton カーゴ・ラック エメラルド ボールペン »

2010年10月31日 (日)

【基】:HERMES レザーベルト リバーシブル①

革:ボックス(ブラック)/トゴ(ゴールド) カーフスキン
バックル:ゴールド
サイズ:90

Imgp0249l

なにかと敷居の高いエルメスの商品の中で比較的手軽に購入できるのは、手帳やストラップといった小物や、このレザーベルトではないだろうか。

端正な顔をしたHマークのバックルとエルメスならではの良質なレザーベルトの組み合わせで、オーソドックスな見た目でありながら他のブランドには真似できない風格がある。

さらに、このベルトはリバーシブルだ。
機能性にも優れている。

バックルは簡単にはずれるので、裏返してベルトに付けるのに3秒とかからない。
朝ベルトを締めるときに、表裏を選ぶことができる。
場合によっては、午後からベルトを反転させるといった使い方もできる。
かなり使い勝手がいい。


革素材はカーフスキンだが、表裏で加工が違う。

まず、ゴールド(キャメル色のこと)の側は、トゴ=牡仔牛の型押し革だ。
周りに白い糸でステッチがあしらわれている。
少しリラックスした雰囲気が出せ、同系色のスリップ・オンの靴などと相性が良い。


ブラックの側は、ボックス=生後6ヶ月位の仔牛の革で、滑らかな革にガラス加工が施され非常に艶やかで光沢がある。
高級感が出るため、フォーマルな装いには最適な素材だ。

エルメスは同じリバーシブルでも、こうした素材や色の組み合わせがとてもうまい。


バックル素材は、シルバーにゴールドメッキだ。
メッキなのでいつかは剥がれてくる。
メッキ嫌いの私としては、エルメスの商品の金属素材に、メッキが多いのはとても残念だ。


このベルト10年以上使ってみた感想だが、さすがエルメスといったところだろうか。
良くナメされた革は、新品の時からしなやかだった。
使い込んでも決して型崩れは起こしていない。

私は、その日に合う人や、出席する会議、外出の予定などを考慮して、バックルの色やベルトの色を決めている。
もちろん靴の色も考慮に入れる。

さすがにバックルにはキズが増えたが、決して醜くなっていない。


太ってお腹周りのサイズが変わるとベルトを買い換えなければならなくなる。
高価なベルトを同じサイズで何本かそろえると、中年太りを心理的に抑止する効果もあるようだ。
私は、この20年くらいお腹周りがあまり変わっていない。

« 【基】:Cartier パシャC | トップページ | 【詳】:Louis Vuitton カーゴ・ラック エメラルド ボールペン »

【基】本アイテム整理」カテゴリの記事

ベルト」カテゴリの記事

<エルメス>」カテゴリの記事